クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

ピーター・ベイクラーさんが創り出す真摯な楽しき世界

2017年10月11日 19時57分10秒 | 美術展
100本の番傘が、ゆらゆらと、きりきりと、部屋いっぱいの空間に踊ります。
今日観た展覧会、「UNFOLDING(ひらく)」。
ピーター・ベイクラー(PETER BAKELAAR)さんのインスタレーションと壁面を満たす写真展示は、不思議な空間を形作っています。

番傘の色の組み合わせが発する美しさに、壁面の番傘を撮った写真が共振します。
写真の横には、作家の心情、真情を表す素敵な言葉が添えられています。
「美しさのあらわれ-心の開放と共に歩く」(展覧会の副題)に合った多くの人々の言葉が書き表されています。

「UNFOLDING(ひらく)」は、15日(日)まで名古屋市東区桜1丁目の愛知芸術文化センター地下2階のアートスペースXで開催中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加