クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

飯道寺と正福寺の十一面観音さんにお参りして

2016年03月28日 20時44分26秒 | 観音さんに惹かれて
今日は近江国で十一面観音さんにお参りです。
甲賀市水口町の飯道寺と、湖南市の正福寺へ行ってきました。

飯道寺の十一面観音像は像高1m10cm、化仏や頂上仏など小さな仏さまも丁寧に彫られ、端整なそのお顔から表れる慈悲の心には、拝む者にすっとした安心感が与えられます。
飯道寺から山奥に登ると、今でも行者の修行場となっている大きな岩があり、毎年11月3日の笈渡式(おいわたししき)では境内で護摩が焚かれ、飯道寺山伏の伝統が今に伝えられてるといわれます。

正福寺の4軀の十一面観音像の中でも一番大きな観音さんの像高は2m15cmあり(、滋賀県内では一番背が高い)、細身のお姿からは優しき光が永遠に放たれているかのようです。
薬師如来、地蔵菩薩も合わせて、かつては正福寺の塔頭に祀られていたのが、今では正福寺に集められてるとのこと。
信長の焼討ちに遭い、仏像を担ぎ出して土中に埋め難を逃れたのですが、その時に像の一部が欠け落ち、後補されているとか。
地蔵菩薩の表面は真っ黒になっていますが、これは漆に防腐剤を入れて塗ったためだとか。

これらの十一面観音像は、いずれも平安時代に造顕されたもので、永い年月にわたって衆生を見守り、またお参りしてきた人々の願いが込められており、涼よかなお顔は美しく輝いています。

飯道寺では地区の役員さん、正福寺ではご住職にいろいろとお話を伺うことができました。
ありがとうございます。

トップの写真は、飯道寺の役行者石仏像。



正福寺の本堂。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善隆寺和藏堂の十一面観音さんと阿弥陀さんにお参りしてきました

2016年03月10日 20時27分02秒 | 観音さんに惹かれて
冬休みの青春18きっぷの時期に次いで、春休みの18きっぷの昨日、雨が降りしきる中、長浜市西浅井町の善隆寺におじゃまし、和藏堂に祀られている十一面観音と阿弥陀佛頭の両像にお参りしてきました。
ご住職のお話によると、ともに平安時代末期の作、今から900年程前の仏さまだそうです。
両仏とも天台宗のお寺さんに長らく祀られていたせいか、お香により表面が黒く輝いていますとも話されます。

十一面観音は随分とたおやかなお姿であり、端整なお顔立ちです。
いつでも困っている衆生を助けに行けるということですが、動きを秘めた力強さがあります。

阿弥陀佛頭は、正面から拝めばつむってみえる目が、そのお顔を下から仰ぎ見れば、うっすらと開いて見つめ返していただけるような感覚を覚えます。
丈六仏の頭だったかもしれないといわれているだけあって、大きなお顔から出てくる漲る力に間近に接することができ、ありがたいことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

禅定寺の十一面観音にお参りしてきました

2016年01月08日 22時32分26秒 | 観音さんに惹かれて
青春18きっぷの最後の一日分で京都府綴喜郡宇治田原町の禅定寺の十一面観音にお参りしてきました。
背丈が2メーター86センチの観音さんから溢れる力感に圧倒されます。
観音さんの正面に座り、そのお顔を眺めると、慈悲とはこういうものかと改めてその広大な御心を感じます。

さてこのお寺さん、正暦2年(西暦991年)に十一面観音をお祀りするお堂を建てたのが始まりだそうです。
本堂裏手の崖には平成11年に完成したという「平成の大涅槃図」(横45メーター、縦8メーター)が、開創1千年の記念なのでしょうか、雄大な姿を見せています。

最寄りの京阪バス停維中前から禅定寺まで30分程を私は歩いたのですが、峠を越えると近江に出る石山道の道端には、榊の無人販売所がありました。
信仰の篤い人々が多いのでしょうね。
行く先々の斜面には宇治茶畑が広がっていますが、所々に太陽光発電のパネルが顔を見せているのは時代ですね。



禅定寺の本堂。

榊の無人販売所。

田んぼの向こうには、宇治茶畑と太陽光発電。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮長寺と石馬寺の十一面観音さんをお参りして

2015年12月24日 19時30分42秒 | 観音さんに惹かれて
今日も滋賀県、近江国へ十一面観音さんにお参りです。

野洲市比留田の蓮長寺(比留田観音堂)と、東近江市五個荘の石馬寺へ行ってきました。
両寺とも聖徳太子開基と伝えられる由緒あるお寺です。

蓮長寺の1体、石馬寺の2体の十一面観音像は、ちょうど人の背丈ほどであり、ぐっと親しみを覚えるお姿からは仏の慈悲心が溢れていて、いつまでも間近にいたいと思わせます。

石馬寺には、役行者倚像も祀られており、修験の祖として天界の力を自らの力として封じ込めた悠然たる構えと厳しい眼差しに迫力があります。

トップの写真は、石馬寺へ向かう参道途上の雨宮龍神社。



石馬寺鐘楼。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近江の観音さんには、篤い信仰心を持ってる方が多い

2015年12月22日 20時32分32秒 | 観音さんに惹かれて
近江の観音さんには、篤い信仰心を持ってる方が多くおみえになるそうです。

今日、青春18きっぷで行ってきました。
長浜市の3寺院、渡岸寺観音堂(向源寺)、石道寺、己高閣(鶏足寺)へ、いずれも名高い十一面観音さんにお参りしてきました。

地元の方がお守をしてみえるのですが、『毎週、お参りにみえる方がいます。』とか、『毎月、お参りにみえます。』、あるいは、『毎年、お参りにみえます。』というお話を次から次へと伺うことができました。
それも、長い人は20年以上も続いているというから、並大抵のことではありません。
お一人でみえる方、グループでみえる方の違いはあっても、いずれも女性だそうです。
年齢も20代から60代、70代へと幅広い層だそうです。

観音さんのお顔を見て、そしてお姿をみて心のやすらぎを得ていられるのでしょうか。

そして、お客さんに勝るとも劣らない熱心なのが、お守をしてみえる地元の方々。
渡岸寺観音堂で堂内の仏像の説明をしてくださった方は、今77才。
70才からお守を始められたそうですが、近隣地区の大字単位で1名ずつ推薦されてこの職に就くのだそうです。
80才が定年だそうですが、それまでは勉強の毎日。
堂内で説明する仕事を卒業すれば、境内入り口の受付でご朱印の墨書をする役目が回ってくるのだそうですが、毎日練習をされているとか。

今日お参りをした3体の十一面観音像は、いずれも体中から発する気がすごいのですが、私が一番強く惹かれたのが、石道寺の観音さん。
お守の方が言う『唇の紅は造像当時のもの。』、『右足の親指が上を向いていて、悩める民を救いに行く体勢。』も含め、とにかく親しみやすく身近に感じられる観音さんでした。

トップの写真は、渡岸寺観音堂(向源寺)。



鶏足寺参道。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加