世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

インド、バングラデシュ、ネパールで、車両交通協定が発効。

2017-10-17 22:38:07 | 経済
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月17日に、インドのニティン・ガドカリ(Nitin Gadkari)道路交通・高速道路相(ministry of road transport & highways)は2017年10月15日に、バングラデシュ、ネパールとのMVA(Motor Vehicles Agreement/車両交通協定)が発効したことを明らかにしたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61830

MVAにより、バスや貨物トラック、一般乗用車による加盟国間の移動が活発化し、地域全体の経済発展につながる見通しだ。PTI通信が2017年10月15日に伝えた。

インド、バングラデシュ、ネパール、ブータンの4カ国は2015年に、MVAを締結した。

うち、国内での合意形成が遅れているブータンを除く3カ国で発効した。

さらにミャンマー、タイまでのMVAも「India–Myanmar–Thailand Trilateral Highway」として、話し合われている。

2017-07-18---タイの国営トランスポート、ミャンマー、インドとをつなぐ路線に参入。


この記事をはてなブックマークに追加

シリア民主軍、ISの「首都」ラッカを「完全制圧。」

2017-10-17 21:53:58 | 戦争と平和
AFPは2017年10月17日に、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の「首都」とされたシリア北部ラッカ(Raqa)全域が、4か月の戦闘を経て、米軍の支援するクルド人とアラブ人の合同部隊「SDF(Syrian Democratic Forces/シリア民主軍)」によって制圧されたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61829

SDF軍報道官はAFPに対し、「ラッカで全てが終わった。われわれの部隊がラッカを完全に制圧した」と語った。
さらに「ラッカにおける軍事作戦は終了したが、潜伏工作員を見つけ出す掃討作戦に加え、地雷の撤去作業が現在行われている」と明かし、「ラッカ解放を宣言する公式声明も間もなく出されるだろう」との認識を示した。

これに先立ち、イギリスに拠点を置く非政府組織(NGO)「SOHR(Syrian Observatory for Human Rights/シリア人権監視団)」も、ラッカ市内のISの最後拠点とされていた競技場をSDFが占拠したと発表した。

ラッカ(الرقة/Raqa)の緯度、経度
35°57'00.0"N 39°01'00.0"E
または、
35.95°, 39.016667°


この記事をはてなブックマークに追加

フィリピンで、ジプニー近代化、支払い方法も刷新。

2017-10-17 21:04:29 | モバイル・マネー
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月17日に、フィリピンの運輸省は、フィリピン式乗り合いバスのジプニー(jeepney)などPUV(Public Utility Vehicle/公共交通車両)を、EU(European Union欧州連合)の排ガス基準「ユーロ4(Euro 4)」対応のエンジン搭載車に切り替える近代化プログラムで、支払い方式も刷新する。

http://time-az.com/main/detail/61828

フィリピンの経済新聞「ビジネスミラー(BusinessMirror)」が2017年10月16日に、2018年上半期(01〜06月)から順次、導入する計画の新型車両には、ICカード決済システムを搭載する予定になっていると伝えた。

運輸省の試案によると、2020年までにジプニーへのICカード決済システムの導入を完了する。

プリペイド式ICカード「ビープ(beep)」を発行・運用する地場AFペイメンツ(AF Payments)は先週、マニラ首都圏パサイ市で開催されたPhilAPEX(Philippine Auto Parts Expo/フィリピン自動車部品展示会)に、PUV用のICカードシステムを出展した。

ジプニー向けの自動決済システムは初という。


この記事をはてなブックマークに追加

Wi-Fi通信に深刻な脆弱性「KRACKs」!

2017-10-17 19:36:29 | 犯罪と裁判
日本経済新聞 電子版は2017年10月17日に、Wi-Fi(無線LAN)の暗号で、セキュリティーが強固とされてきた方式「WPA2」に深刻な脆弱性「KRACKs」が2017年10月15日に見つかったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61827

WPA2はスマートフォン(スマホ)やルーターなどの通信機器のWi-Fi通信に一般的に使われている。既に修正ソフトが配布され始めているが、更新作業が遅れれば、Wi-Fiで接続する監視カメラなどの機器を多数乗っ取り、攻撃を仕掛けられる恐れもあるという。

この脆弱性はベルギーの研究者が2017年10月15日に、発見した。

Wi-Fi通信の暗号照合時には1回限りのカギが使われる。このカギの情報が失われた場合に再送信される仕組みを悪用し、情報を抜き取れることを発見した。

この脆弱性を利用し、GoogleのOS「Android」を搭載したスマホでWi-Fi通信の暗号を簡単に解除できたという。他社端末でもWi-Fi経由で通信した大半のデータを見ることができたとしている。

現状では、ほぼ無防備である。

数10m圏内に人がいないことを祈る!

これは、モバイル・マネーが始まって以来、最悪の事件である。

もちろん、Bitcoinなどの仮想通貨へのアクセスも有線以外は危険!

PC Watchによれば、Intelは2017年10月16日に、WPA2脆弱性へのドライバを公開した。
対応ドライバが提供されているのはノートPCなどで用いられる「Intel Dual Band Wireless-AC 3160」など8シリーズの製品。
ただし、対策版ドライバではCVE-2017-13077、同13078、13080、13081を対象とするのみで、10件中4件への対応にとどまる。

Windowsは10月の月例セキュリティ更新プログラムでこの脆弱性に対応済み。Windows Updateを実施すれば、WPA2の脆弱性による問題を避けられる。

Googleは、ITproの取材に対して「数週間以内に影響する全ての機器に対しパッチの提供を予定している」と回答した。

Apple Japan広報は「当社のmacOS、iOS、watchOS、tvOSは、今後数週間内でのアップデートのリリースを予定している」とした。

Google、Appleは、まだ無防備!

情報処理推進機構(IPA)、トレンドマイクロ、シマンテックは、端末のアップデートが完了するまでの対策としてVPN(仮想閉域網)の利用を推奨している。VPNはWi-Fiの暗号化が解除されても、別のレイヤーで暗号化しておけば通信は盗聴されない。


この記事をはてなブックマークに追加

自転車のギア欠陥で骨折。シマノ3900万円支払い和解。

2017-10-17 18:44:06 | 犯罪と裁判
毎日新聞は2017年10月17日に、自転車を走行中に転倒し、腕に後遺症を負ったのはギアの欠陥が原因だとして、53歳の大阪府和泉市の男性がメーカー側に約8100万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(森田浩美裁判長)であり、ギアを製造する堺市の「シマノ」が3900万円を支払うことで和解したことが分かったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61826

訴訟記録によると、和解は2017年10月02日付で、男性は2014年12月に折り畳み自転車を購入した。2日後に大阪市内を走行中、ギアをトップ(6段)に切り替えた際にペダルが空回りし、バランスを崩して転倒。左腕を骨折し、腕が動きにくくなる後遺症を負った。

男性は、ギアに欠陥があったとして2016年10月、自転車を製造・販売した堺市のアサヒサイクルと、ギア部分を製造したシマノを提訴した。

シマノといえば、日本で自転車のトップ・メーカーである。


この記事をはてなブックマークに追加

イタリアの画家クリストファーノ・アッローリが生まれた。

2017-10-17 18:09:01 | 人物
ArtDailyは2017年10月17日に、後期フィレンツェ・マンネリスト学派(Florentine Mannerist school)のイタリアの似顔絵画家であったクリストファーノ・アッローリ(Cristofano Allori/1577 - 1621)がイタリアのフィレンツェ(Florence)で1577年10月17日に生まれた。

http://time-az.com/main/detail/61825

フィレンツェで生まれたクリストファーノ・アッローリは、彼の父アレッサンドロ・アローリ(Alessandro Allori)から絵画の手ほどきを受けが入れられたが、解剖学的な硬く冷たい着色が不満になり、彼はベニスの豊かの色に注意を向け、それを結合することにつとめ、前のフィレンツェ学派のリーダーのうちの1人であったグレゴリオ・パガニ(Gregorio Pagani)のスタジオに入った。

クリストファーノ・アッローリはまた、チゴリ(Cigoli)の元で働いたようである。

今回公開された絵画は。1613年に描いた「Judith with the Head of Holofernes」である。

この記事をはてなブックマークに追加

再び、人民元崩壊の恐れ!?

2017-10-17 16:50:39 | 経済
日本経済新聞 電子版は2017年10月16日に、「再び「人民元ショック」が起きるかもしれない。」と報告してきた。

米国金融政策の正常化による市場混乱への不安が消えない。

かつて中国から資本が大量に流出し、国際金融市場を混乱に陥れた。

日本も円高・株安が進み、日銀に冷や水を浴びせた。

中国は2017年10月18日から始まる共産党大会を前に財政出動で景気を支えてきたが、再び経済激動の季節に移り変わるかもしれない。

http://time-az.com/main/detail/61824

「今後、数年は利上げが続く。」

2017年10月15日、FRB(Federal Reserve Board/米国連邦準備理事会)のジャネット・イエレン(Janet Louise Yellen)議長は利上げ継続の構えを崩さない。
イエレンの任期は18年2月までだが、トランプ米国大統領が人選を進める後任候補も利上げ派の人ばかりである。

米国の利上げは、新興国から資金が米国に大きく移り、世界経済に混乱を引き起こしてきたから、20年前にはアジア通貨危機が起こったので、世界経済に悪夢を思い出させる。


この記事をはてなブックマークに追加

個人の美術品、信託可能に、法務省が公益信託制度の変更を検討。

2017-10-17 15:50:03 | 犯罪と裁判
朝日新聞デジタルは2017年10月17日に、個人が所蔵する美術品や伝統的な建物の一般公開などを進めようと、法務省が公益信託制度の変更を検討していると報告した。

http://time-az.com/main/detail/61823

信託財産の種類を広げ、公益事業の担い手を増やす方向で、法制審議会の答申を待ち、再来年に公益信託法改正案を国会に提出する方針だという。

運用益などは非課税となり、相続税の対象から除外される。

ただし、美術品などの隠し財産が表面化することから、公開されるものは限られることだろう。

また、預かると言って、盗まれることも後を絶たない。
以前は、国立博物館の学芸員に預けたら、返ってこなくなり、転売されていたという事件もあった。

そういう事件を遡って解決することなく、新しい段階に入るべきではない。
ある古物商が訴えてら、その著名な学芸員は、自分のものだと言いだしたという。
こういうことが、結構多く起こっていた。

先日も、あるものを博物館の人に見せたら、こういうものは博物館で預からなくてはいけないなどと言いだし、追い返したことがある。

博物館員の語りによる詐欺である。


この記事をはてなブックマークに追加

韓国の外食産業でベトナムブーム。

2017-10-17 15:02:08 | 観光
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月16日に、韓国経済新聞が2017年10月13日に、韓国人のベトナム旅行の急増を受け、韓国国内でベトナム料理店ブームを迎えていると報告した。

http://time-az.com/main/detail/61822

現地で本場の味を体験した人たちのニーズに応える多様なメニューが特徴になっている。

韓国経済新聞によると、ベトナムの米粉麺「フォー」のブームは2000年代初めにもあったが、当時のフォーは米国西部で流行したスタイルだった。

この2〜3年で急増しているベトナム料理店は現地の味の再現を追求し、メニューもフォーだけでなくつけ麺の「ブンチャ」、バゲットのサンドイッチ「バインミー」など多様化している。

2015年8月にソウル鍾路区の鐘閣駅付近にオープンした「エモイ」は生麺のフォーとつけ麺のブンチャが看板メニュー。現在は全国に約80店を展開する。
「越南先生」「ミスサイゴン」などのフランチャイズはセルフサービス導入などのコストカットで、学生街を中心にフォーを3,900ウォン(約390円)前後で提供し、店舗を拡大中である。

ベトナムが身近になっていることに加え、ベトナム料理は調理の難易度が低く原材料価格も比較的安いため、ブームは今後も続く見通しだと伝えている。

私はこの情報で、ベトナム旅行はもうやめます。


この記事をはてなブックマークに追加

米国のベストウェスタン、タイで格安ホテルを開業。

2017-10-17 14:28:24 | 観光
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月16日に、米国のホテルチェーン大手ベストウェスタン・インターナショナル(Best Western International)は、タイの首都バンコク(Bangkok/กรุงเทพมหานคร)で格安ホテル「シュアステイ・プラス・ホテル・バイ・ベストウェスタン・スクンビット2(SureStay Plus by Best Western Sukhumvit 2)」を開業したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61821

客室数は85室で、ビジネス客とレジャー客の双方の利用を見込む。

ベストウェスタンはタイで、シュアステイを含めて9軒のホテルを運営している。
内訳は、バンコクが5軒、南部プーケットが3軒、東北部ブリラム県が1軒。

「シュアステイ・プラス・ホテル・バイ・ベストウェスタン・スクンビット2(SureStay Plus by Best Western Sukhumvit 2)」の緯度、経度
住所:89 Sukhumvit Road, Soi 2, Khlong Toey, Bangkok Thailand 10110
電話:+66 2 020 1144

2017-10-02---ベトナムで、空き部屋のシェアサービスが急拡大。
2017-10-01---イギリスのミニホテルチェーン「ヨーテル」、アジアで初開業。


この記事をはてなブックマークに追加