世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

EU、偽物の8割は中国と指摘!

2017-06-30 23:27:42 | 犯罪と裁判
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年06月30日に、中国商務省の孫継文報道官は2017年06月29日の定例会見で、Europol(European Police Office/ユーロポール/欧州刑事警察機構)とEUIPO(European Union Intellectual Property Office/欧州連合知的財産庁)が最近発表したリポート「EUROPOL – EUIPO 2017 SITUATION REPORT ON COUNTERFEITING AND PIRACY IN THE EU」で「世界の模造品の8割は中国本土と香港から来ている」と指摘したことについて、「無責任な指摘」と反発し、データの真実性、客観性に疑問を呈したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60410

新華社電によると、ユーロポールなどは先ごろ「EUROPOL – EUIPO 2017 SITUATION REPORT ON COUNTERFEITING AND PIRACY IN THE EU(2017年欧州連合(EU)模造品と海賊版の取り締まり状況リポート)」を発表し、その中で「2015年における世界の86%の模造品は中国本土と香港から来た」と指摘した。「模造品はヨーロッパの税収減、失業の増加、正規品の流通の妨げにつながっている」と批判した。

孫報道官は、EUのリポートを批判した上で、中国政府は近年、模造品の取り締まりに力を入れていると説明した。今年1〜4月に全国の税関で輸出時に摘発した偽物は貨物4,600件余りとなり、押収した物品は93万点以上に達したとし、政府の取り組みをアピールした。

しかし、それ以上に増えているということだろう。


この記事をはてなブックマークに追加

中国の習近平国家主席の香港訪問。

2017-06-30 22:57:39 | 政治
AFPは2017年06月30日に、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)は今回の香港(Hong Kong)訪問にあたり、市内の2つの高級ホテル、計1300室以上を丸ごと借り切ったと報告した。

イギリスからの香港返還20周年(香港回归20周年/香港回歸20週年)を祝う3日間の滞在中、何一つ不自由することはないだろうと伝えている。

http://time-az.com/main/detail/60409

習主席一行の貸し切りとなったのは、香港の商業地区湾仔(Wan Chai)にある五つ星の「グランドハイアット(Grand Hyatt)」と四つ星の「ルネッサンス(Renaissance)」である。いずれも普段は宿泊客や飲食に訪れる観光客でにぎわうホテルだが、市内に厳戒態勢が敷かれている2017年06月30日には、出入り口すべてが金属製のバリケードや警備員によって封鎖されている。

地元メディアによれば、習主席は警備上の理由でランクの低いルネッサンスに宿泊し、ハイアットには随行団が宿泊しているようだ。

ルネッサンスのプレジデンシャルスイートには、リビング、ダイニング、会議室、大理石の浴室が備わり、宿泊費は1泊当たりHK$(香港ドル)2万8000(約40万円)。一方、グランドハイアットのプレジデンシャルスイートは、電話一本で宿泊客が室内設備をオーダーメードでき、宿泊費はルネッサンスのおよそ3倍。両ホテルの全室を2泊借り上げると、最も一般的なスタンダードルームの宿泊費で計算したとしても、総額はHK$500万(約7200万円)を超える。

中国国家内の香港というが、外国より警備が厳しい!

では、「香港回归20周年」「香港回歸20週年」での反応の違いは、どうだろう。

「グランドハイアット(Grand Hyatt)」の緯度、経度
22°16'53.0"N 114°10'19.7"E

「ルネッサンス(Renaissance)」の緯度、経度
22°16'53.5"N 114°10'25.6"E


この記事をはてなブックマークに追加

スペイン人は、テノチティトランから追い出された。

2017-06-30 22:08:23 | 戦争と平和
ArtDailyは2017年06月30日に、テノチティトラン(Tenochtitlan)は、メキシコの谷でレイクテスココ(Lake Texcoco)の島に置かれたナワトル・アルトペオレ(Nahua altepetl/ナワトル都市国家)であったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60408

そこは1325年に設立されて、スペイン人は1520年06月30日に、テノチティトランから追い出された。1521年にスペイン人に占領されるまで、15世紀に発達アステカ帝国の座席になった。

テノチティトラン(Tenochtitlan)の緯度、経度
19°26'06.0"N 99°07'53.0"W
または、
19.435, -99.1314

1521-08-13---アステカ族首都、エルナン・コルテスにより陥落。


この記事をはてなブックマークに追加

「ルイ・ヴィトン」のかばんを最初に買った日本人!

2017-06-30 21:15:57 | 人物
毎日新聞は2017年06月29日に、フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」のかばんを日本人で初めて購入したのは誰か?

http://time-az.com/main/detail/60407

この謎に高知県はこれまで、元土佐藩士で明治新政府では要職を務めた後藤象二郎と紹介してきたが、さらに3週間早く自由民権運動の指導者だった板垣退助が購入していたことが分かったと報告した。

板垣を顕彰する「板垣会」の副理事長、68歳の公文豪がルイ・ヴィトンジャパン(東京都)を通じてパリ本店に照会して判明した。

公文豪副理事長によると、ルイ・ヴィトンジャパンの初代社長秦郷次郎が著書の中で、後藤の顧客カードを、写真と共に紹介。これがもとで「後藤が日本人初の顧客だった」との説が広まった。

しかし、2016年に、東京都内であった開催されたルイ・ヴィトンの展覧会を機に、公文豪副理事長が購入記録を照会。記録によると、1883年01月09日に「Itagaki」という人物が、シリアルナンバー「7720」のトランクをパリで購入していることが判明し、名前とナンバーが、板垣の子孫が保管していたトランクと一致した。

公文豪副理事長らによると、板垣や後藤よりも早い年に元薩摩藩士でフランス公使の「鮫島尚信」とみられる購入記録もあるが、現物が未発見で、実物で裏付けられる最初の購入者は板垣とみられると伝えている。

そういえば、銀座三越の4階にある「Longhouse」には、長屋恵美子が海に浮かんでいたと言われる「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の大きなトランクをパリの蚤の市で見つけ、購入し、持ち帰ってきて、今も銀座三越の「Longhouse」に展示している。


この記事をはてなブックマークに追加

名古屋港でも、中国からの貨物船でコンテナ外側に数匹毒アリ?

2017-06-30 20:30:40 | 自然
毎日新聞は2017年06月29日に、名古屋市の名古屋港管理組合がは2017年06月29日に、南米原産で強い毒を持つヒアリと疑われるアリ数匹が、中国の南沙港から、愛知県弥富市の名古屋港の鍋田ふ頭に到着した貨物船のコンテナから見つかったと明らかにしたと報告した。

採取されたアリは2017年06月29日に、環境省に送り、検査を受けるという。

http://time-az.com/main/detail/60406

同組合によると、貨物船は南沙港から複数の港を経由し、2017年06月23日に名古屋港に到着。保管されていたヤードから2017年06月27日に従業員が積み荷の搬出作業をする際、コンテナの外側にヒアリに似たアリ数匹を確認した。

コンテナの内側には見当たらなかったという。

また、NHKは2017年06月30日に、今回、ヒアリが見つかったコンテナを積んでいた船は、2017年06月15日に中国・広東省の南沙港を出港した。福建省のアモイを経由して東京港と横浜港にも寄港したと伝えている。

さらに、2017年06月23日に愛知県弥富市にある名古屋港の鍋田ふ頭に入港。
2017年06月24日にコンテナを含む88個のコンテナを陸揚げしたあと、福岡県の門司港に向けて港を出た。

船は門司港のほか、ベトナムや香港などを経由して南沙港に戻る航路を予定していたと伝えている。

これはもうすでに、何匹かは国内に入っているだろう。

愛知県弥富市の名古屋港の鍋田ふ頭の横には、ゴルフ場「名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)」があるので、注意が必要だろう。

「名古屋港サイクリングロード」もある。

ただし、環境省は、まだ結論を出していない。

環境省は2017年06月30日から、輸入コンテナの取扱量が多い東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、博多の6港と、ヒアリが分布する中国・台湾に近い那覇港の計7港で国土交通省と緊急調査を始めた。このうち福岡市の博多港で2017年06月30日に行った調査では、ヒアリは見つからなかった。

愛知県弥富市の名古屋港の鍋田ふ頭の緯度、経度
35°01'13.7"N 136°47'32.4"E

2017-06-26---アカカミアリ、大阪市で初めて、貨物コンテナから5匹発見し、捕獲。
2017-05-26---殺人蟻が、2017年5月に神戸港に上陸。


この記事をはてなブックマークに追加

カブドットコム証券が襲われ、一時全面不通!

2017-06-30 19:38:36 | 犯罪と裁判
毎日新聞2017年は06月29日に、カブドットコム証券は2017年06月29日に、同社サイトがサイバー攻撃を受け、一時つながらない状態になったと発表した。

http://time-az.com/main/detail/60405

2017年06月29日午前9時2分ごろ攻撃を受け、全面的に不通となった。

コールセンター向けの電話もつながりにくくなったという。午前9時38分ごろほぼ復旧した。

カブドットコム証券は警察に連絡し、欧米やロシアで発生している大規模サイバー攻撃との関連も調べている。

担当者は「お客さまにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ない」としている。

攻撃が36分というので、これはDDoS攻撃だろう。
今大騒ぎしているのは、ランサムウェアにより、暗号化され、解読しないと全てが止まるので、解凍ツールが必要になる。

意外と、簡単に解凍できる場合もある。

自動的に復旧はしない。

DDoS攻撃で、内部のセキュティ・ホールを探して、さらに激しい攻撃してくる。

DDoS攻撃は回避できないが、内部のセキュティ・ホールが見つからなければ、一定時間が過ぎると静かになり、回復する。

2017-06-28---サイバー攻撃で、フェデックスも被害。発送に遅れ!
2017-06-27---ヨーロッパで、ウクライナを中心とした大規模サイバー攻撃発生!
2017-06-27---新しい攻撃は、チェルノブイリ原発まで影響、凄まじかった。
2017-05-17---ベトナムで、「WannaCry」に1900台感染。
2017-05-15---サイバー攻撃で、日立でシステム障害。
2017-05-14---「ランサムウエア」国内感染2件!?
2017-05-13---サイバー攻撃の「ランサムウエア」は、NSAのソフト技術利用!?
2017-05-12---病院や大手企業など、世界各国で大規模サイバー攻撃被害!日本でも確認!
2017-05-11---違法、サイバー攻撃最前線からのレッスン。
2017-05-03---「Bitcoin」が最高値を更新。US$1400台に!
2017-01-24---アパホテルに、中国政府までが圧力関与!
2016-11-08---ロシアの大手銀5行に大規模サイバー攻撃!
2016-10-21---米国の大手サイトに、大規模サイバー攻撃!



この記事をはてなブックマークに追加

日本のスーパー・プレデターは、ウナギを探す!

2017-06-30 18:50:37 | 食品
日本経済新聞 電子版は2017年06月29日に、今年の土用の丑(うし)の日を控え、小売店でウナギの値下げが広がっている。かば焼き用の国産ウナギの仕入れ値が下落しており、うな重の店頭価格も昨年に比べ1〜2割安くなりそうだと伝えている。

http://time-az.com/main/detail/60404

今年の丑の日は7月25日と8月6日の2回。7月中旬にかけて品ぞろえが充実する。

今年は、暑くなる!

大量殺魚!
ウナギのホロコーストである。

人間は、成体の動物や魚を過剰に殺すことで、地球の自然界のバランスを乱す「スーパー捕食者(Superpredator/頂点捕食者/Apex predator/Top-level predators)」である。

2017-06-13---魚の「ラブコール」を盗み聞きし、生息数推定。
2017-04-21---日本、半年待たずに規制提案守れず、クロマグロの漁獲枠突破!?
2017-03-28---ハタハタ漁獲量25%減!絶滅一直線。
2016-12-24---クロマグロ違反操業で、長崎県と三重県に初の行政指導。
2016-06-17---中国で、犬肉の消費量増える。
2016-04-07---クロマグロ大量死の原因は、「複数要因が複合的に作用」
2016-01-19---世界の漁獲高は、過小評価で漁業資源不足、自然破壊の原因?!
2015-10-28---カナダで、ウナギの回遊、追跡に初成功!
2015-09-04---恐竜より古いヤツメウナギは200年後にイギリスの川に戻ってきた。
2015-08-20---人間の「スーパー捕食者」傾向に見直し必要。
2015-08-12---カリフォルニアのまぐろ工場で死ぬほど料理された労働者は、US$$00万。
2015-07-12---水族館は、管理が大変!ブラジルで水族館展示予定の魚、1万匹以上死んだ!
2015-06-22---中国では1万匹の犬が殺され、イギリスでは毎月190万匹の動物が殺されている。
2015-06-21---今年もやって来た、中国楡林市の犬肉フェスティバル。
2015-05-15---新記録には達しなかった不幸な巨大うなぎ!
2015-02-02---ハワイ沖キハダマグロの水銀含有量、年4%近く増加。
2015-01-23---ブルガリア関税は、200万匹のウナギの稚魚を差し押さえた!
2014-10-07---ローマで最後のうなぎ漁師。
2014-09-05---カリフォルニアのシロナガスクジラは、歴史的な数に近くまで戻っている。
2014-09-04---クロマグロ未成魚の漁獲量半減で合意。
2014-08-20---肉を食べることは、環境にやさしい?
2014-08-16---論争の的になっているクジラの水槽デザインを変更するシーワールド。
2014-07-16---ノルウェーは、捕らえられた二酸化炭素から魚のえさを開発。
2014-06-24---オーストラリアの沖合で、白鯨を発見!
2014-06-21---中国「犬肉祭」に抗議が増えると、購入者が例年以上に増えた。
2014-06-18---中国で,犬の肉を食う日。
2014-06-13---世界で最も高価な魚は、絶滅危機種に指定された。
2014-06-12---マグロ・カツオ漁の入漁料、1日100万円に値上げ!?
2014-06-09---日本は毎年のクジラ調査再開を要求。
2014-06-05---海のCO2吸収、年最大23兆円の価値。
2014-05-28---オーストラリアで、クジラ座礁急増。
2014-04-29---死んだシロナガスクジラは、「爆発するかもしれない。」
2014-04-18---日本は来週から、縮小された太平洋の捕鯨を開始する。
2014-04-03---なぜ、台湾の不法なイルカ肉取引は繁栄するか!?
2014-03-31---日本は、国際司法裁判所から調査捕鯨に停止命令を受けた。
2014-03-24---太平洋に続いて、大西洋でも石油汚染でマグロ全滅!
2014-02-14---まぐろの心臓は「石油流出によって影響を受けた。」
2013-07-19---ハワイの漁師は230ポンドのマグロを釣り上げ、船が転覆!
2013-07-10---放射能に汚染された水が、福島から太平洋に多くが今も漏れている!?
2013-06-27---脂肪の多い魚は、乳がんリスク減の効果があった。
2013-05-20---絶滅危機種の激減するウナギを食いたがる奴は、誰だ!
2013-04-09---メキシコ湾の油流出は、その後、それ自体で「深淵清潔になりました。」
2013-01-05---築地市場の初競りで、大間のマグロ史上最高値1億5540万円!
2012-11-15---米国史上最大になるBPの刑事罰。
2012-10-12---労働者は、カリフォルニアまぐろ工場で死ぬほど料理された。
2012-10-09---フォレンダムの消えるウナギ。
2012-05-29---福島の放射能汚染、15頭のマグロからすべてで検出!
2012-01-05---日本は、マグロの販売で新記録を樹立!
2011-10-25---クロマグロの販売量、漁獲量の2倍という矛盾!
2011-04-03---メキシコ湾海底油田爆発で大もうけした会社!
2011-02-28---メキシコ湾原油流出事故以来、最初の深層ドリル許可証。
2010-07-14---NASAは、湾の重油流出野生生物回復を支援。
2010-06-06---米国史上最悪の環境災害を封じ込む作戦。
2010-06-03---メキシコ湾の原油流出で、とんでもない提案があった!
2010-05-21---最悪のメキシコ湾重油流出で、ハリウッドの技術をテストする。
2010-04-20---ゴルフコースト(Gulf Coast)の油膜の拡大。
2009-07-16---ウナギの卸値が下落!
2009-06-26---環境に優しいはずのゴア元副大統領は、エネルギーの浪費家?
2009-04-23---「屁(fart)」動力マシンは、ギャグではなくエネルギーの未来?
2008-05-09---地球温暖化で、牛の「おなら」と「げっぷ」に課税実施!
1989-10-10---葛西臨海水族園がオープンした。
1882-03-20---上野公園内に動物園が開園した。
1682-08-18---看板などに「天下一」の文字使用禁止。
0000-06-21---犬の肉を食う日。


この記事をはてなブックマークに追加

米国向け全便、搭乗前検査の強化要求!

2017-06-30 17:46:19 | 犯罪と裁判
インフルエンザやエボラ、麻薬の時、搭乗前検査の強化要求できなかった日本は、米国向け全便、搭乗前検査の強化要求された。

日本は、入国検査を独自で強化した。

これは人種差別だろう。

日本経済新聞 電子版は2017年06月29日に、ジョン・F・ケリー(John Francis Kelly/1950 - )米国国土安全保障長官は2017年06月28日に、米国に向かう全ての国際線を対象に搭乗前の荷物検査の強化を求めると発表した。

日本を含む世界105カ国の約280の空港、約180の航空会社が対象となる。パソコンなどの電子機器に爆発物を仕込むテロを未然に防ぐための対策の一環として導入する。

http://time-az.com/main/detail/60403

ケリー長官は、特に電子機器の検査を厳しくすると説明したが、詳細な内容は明らかにしていない。

米国のメディアによれば、手荷物や預け入れ荷物の検査をこれまでより厳重にし、爆発物がないかを調べる体制の充実を求める。日本国内では8空港が対象になる。

なんと身勝手だろう。
全世界の空港に、米国が検査官を送り込み、自国を自費で守るべきだろう。

DHS(United States Department of Homeland Security/米国国土安全保障省)は今後、数週間から数カ月のうちに新たな措置を導入するよう航空会社と調整する。

ロイター通信によると航空会社は3週間以内に爆発物の検査、約4カ月以内に搭乗者の審査を強化することが求められる。
新たな仕組みに応じない航空会社には罰則を科すという。

身勝手な!

自国は、自費で守る。
他国に依存し、罰金を課すというのは、自己中心的発想で、こんな考え方が米国式だから、Googleがアンチ・トラスト法で告発されるのである。

同省は新たな措置で1日あたり平均2100便、約32万5000人の搭乗客に影響が及ぶと試算している。搭乗前の検査にかかる時間が長くなる可能性がある。

ケリー長官は航空機を狙うテロに関し、「敵は爆発物を偽装する新手法を研究している」と述べ、空港での検査強化の必要性を訴えた。


この記事をはてなブックマークに追加

新しい攻撃は、チェルノブイリ原発まで影響、凄まじかった。

2017-06-30 16:10:46 | 犯罪と裁判
The Vergeは2017年06月27日に、先月のWannaCry攻撃を思い出させるランサムウェア(ransomware)攻撃による感染で、ヨーロッパ全体にわたってビジネスは終わらせられた。

http://time-az.com/main/detail/60402

最も厳しい損害は、ウクライナ中央銀行(Ukraine's central bank)、ウクライナ国営テレコム(state telecom)、地方自治体の地下鉄(municipal metro)、およびキエフのBoryspil空港システム(Kiev's Boryspil Airport. Systems)によってウクライナのビジネスより報告されている。

スポークスマンは電源が、攻撃に影響を受けなかったと言ったけれども、システムはまた、ウクライナのウクレネゴ電気供給業者(Ukraine's Ukrenego electricity supplier)で解決された。

攻撃はチェルノブイリ原子力発電所(Chernobyl nuclear power)の操作にまで影響した。

次は、福島原発かもしれない!?

それは、攻撃の結果として監視している放出マニュアルを切り換えた。

感染は、また、PoSターミナル(point-of-sale)とATMのようなより多くの分離された機器から報告された。

ウイルスはまた国際的に広がった。

デンマークの船会社メルスク(Maersk)は、 会社のロシアのロジスティクスを含む、複数のデムコ(Damco)を武装させ、サイトを横切って、システム・ダウンも報告した。

いくらの損害が招かれたかが不明瞭であるけれども、ロシアの石油会社Rosneftのサーバーまで、ウイルスは到達した。

調剤の会社を含む メルク(Merck)、米国のピッツバーグエリア病院(ittsburgh-area hospital)、および法律事務所DLA Piperの米国オフィスなど、いくつかの記録されたケースもあった。

いったん感染したら、ウイルスは個々のコンピュータをプライベート・キー(private key)で暗号化し、それを、システムが暗号解読されるまで使用できなくする。

プログラムは、その時、ユーザーに、BitcoinアドレスへUS$300を支払うように指示し、そして、Posteo電子メールアドレスにbitcoin財布とインストールキーにメールする。

プレス・タイム、ブロックチェーン記録の集計は、現在約US$4,900を20回のトランザクションでターゲットの財布に振り込まれたことが示される。

支払いの後にいくらかのシステムが首尾よく暗号解読されたかは不明瞭である。

攻撃は、230,000人の居住者に6時間の長い間の電力なしであった。

ウクライナ自身はよいユーモアによって攻撃に応じているようである。

まもなく、攻撃のニュースが起こった後に、国の公式なTwitterアカウントで、ポピュラーな喜劇のミームをもたらす間うろたえないことを市民に勧めることによって反応した。

2017-06-28---サイバー攻撃で、フェデックスも被害。発送に遅れ!
2017-06-27---ヨーロッパで、ウクライナを中心とした大規模サイバー攻撃発生!
2017-05-17---ベトナムで、「WannaCry」に1900台感染。
2017-05-15---サイバー攻撃で、日立でシステム障害。
2017-05-14---「ランサムウエア」国内感染2件!?
2017-05-13---サイバー攻撃の「ランサムウエア」は、NSAのソフト技術利用!?
2017-05-12---病院や大手企業など、世界各国で大規模サイバー攻撃被害!日本でも確認!
2017-05-03---「Bitcoin」が最高値を更新。US$1400台に!


この記事をはてなブックマークに追加

新しい攻撃は、チェルノブイリ原発まで影響、凄まじかった。

2017-06-30 16:10:46 | 犯罪と裁判
The Vergeは2017年06月27日に、先月のWannaCry攻撃を思い出させるランサムウェア(ransomware)攻撃による感染で、ヨーロッパ全体にわたってビジネスは終わらせられた。

http://time-az.com/main/detail/60402

最も厳しい損害は、ウクライナ中央銀行(Ukraine's central bank)、ウクライナ国営テレコム(state telecom)、地方自治体の地下鉄(municipal metro)、およびキエフのBoryspil空港システム(Kiev's Boryspil Airport. Systems)によってウクライナのビジネスより報告されている。

スポークスマンは電源が、攻撃に影響を受けなかったと言ったけれども、システムはまた、ウクライナのウクレネゴ電気供給業者(Ukraine's Ukrenego electricity supplier)で解決された。

攻撃はチェルノブイリ原子力発電所(Chernobyl nuclear power)の操作にまで影響した。

次は、福島原発かもしれない!?

それは、攻撃の結果として監視している放出マニュアルを切り換えた。

感染は、また、PoSターミナル(point-of-sale)とATMのようなより多くの分離された機器から報告された。

ウイルスはまた国際的に広がった。

デンマークの船会社メルスク(Maersk)は、 会社のロシアのロジスティクスを含む、複数のデムコ(Damco)を武装させ、サイトを横切って、システム・ダウンも報告した。

いくらの損害が招かれたかが不明瞭であるけれども、ロシアの石油会社Rosneftのサーバーまで、ウイルスは到達した。

調剤の会社を含む メルク(Merck)、米国のピッツバーグエリア病院(ittsburgh-area hospital)、および法律事務所DLA Piperの米国オフィスなど、いくつかの記録されたケースもあった。

いったん感染したら、ウイルスは個々のコンピュータをプライベート・キー(private key)で暗号化し、それを、システムが暗号解読されるまで使用できなくする。

プログラムは、その時、ユーザーに、BitcoinアドレスへUS$300を支払うように指示し、そして、Posteo電子メールアドレスにbitcoin財布とインストールキーにメールする。

プレス・タイム、ブロックチェーン記録の集計は、現在約US$4,900を20回のトランザクションでターゲットの財布に振り込まれたことが示される。

支払いの後にいくらかのシステムが首尾よく暗号解読されたかは不明瞭である。

攻撃は、230,000人の居住者に6時間の長い間の電力なしであった。

ウクライナ自身はよいユーモアによって攻撃に応じているようである。

まもなく、攻撃のニュースが起こった後に、国の公式なTwitterアカウントで、ポピュラーな喜劇のミームをもたらす間うろたえないことを市民に勧めることによって反応した。

2017-06-28---サイバー攻撃で、フェデックスも被害。発送に遅れ!
2017-06-27---ヨーロッパで、ウクライナを中心とした大規模サイバー攻撃発生!
2017-05-17---ベトナムで、「WannaCry」に1900台感染。
2017-05-15---サイバー攻撃で、日立でシステム障害。
2017-05-14---「ランサムウエア」国内感染2件!?
2017-05-13---サイバー攻撃の「ランサムウエア」は、NSAのソフト技術利用!?
2017-05-12---病院や大手企業など、世界各国で大規模サイバー攻撃被害!日本でも確認!
2017-05-03---「Bitcoin」が最高値を更新。US$1400台に!


この記事をはてなブックマークに追加