世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

天皇、皇后両陛下は、初のベトナム訪問に出発。

2017-02-28 23:53:08 | 観光
寒い日本から、暑いベトナムに向けいて2017年02月28日午前に天皇、皇后両陛下は、初のベトナム訪問に向けて、羽田空港を出発したと毎日新聞が報告した。

http://time-az.com/main/detail/58874

天皇陛下は、出発前に空港の貴賓室で、「私どもの訪問が両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資することを願っております。」とお言葉を述べられ、タイの前国王弔問については「半世紀を超える親しい交流を重ねてきており、同国王への最後のお別れをし、新国王陛下に弔意を表したいと思っております」と述べた。

2017年03月01日に国家主席府での歓迎式典や晩餐ばんさん会などの公式行事に臨まれる。2017年03月02日は、先の大戦後もベトナムにとどまり、フランスとの独立戦争に加わった「残留日本兵」の家族と懇談される。

ベトナム人が日本人を嫌わないのは、ベトナム戦争で攻撃側に加わらなかったことと、フランスとの独立戦争に加わった「残留日本兵」がいた事である。

2017年03月04日にはベトナム最後の王朝「グエン朝」の都として栄えた古都フエ(Huế/順化)で、フランス植民地下のベトナム独立運動の英雄で、ベトナムの民族主義運動の指導者ファン・ボイ・チャウ(Phan Bội Châu/潘佩珠/1867 - 1940)の記念館を訪ねる。チャウは、ベトナム青年を日本に留学させて人材を養成する「東遊(ドンズー)運動」を起こしたことで知られる。

ベトナム訪問の後は、2017年03月05日にタイ・バンコクに立ち寄り、2016年10月に亡くなったプミポン・アドゥンヤデート(Bhumibol Adulyadej)国王(ラーマ9世)に別れを告げられ、2017年03月06日に帰国の予定である。

2016-10-14---タイ国王の遺体、王宮へ、沿道に大勢の人々。


この記事をはてなブックマークに追加

ケニアの銀行は、m-Pesa独占に挑むために協力する。

2017-02-28 22:43:30 | モバイル・マネー
Mobile World Liveは2017年02月21日に、KBA(Kenya Bankers Association/ケニア銀行協会)はPesaLinkからゆるやかなロールアウトを発表し、P2P(人と人)の振替サービスで、Safaricomのm-Pesaサービスと競争するために市場導きを設立したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58873

KBAの補助的IPSLにより動かされたPesaLinkのために、個人は、どのような2つの銀行預金口座の間の資金でもメンバー組織から移すことができる。

参加銀行は、スタンダード・チャーター(Standard Charter)、バークレーズ(Barclays)、NIC銀行(NIC Bank)、協同組合(he Co-Operative)、およびアフリカの商業銀行(Commercial Bank of Africa)を含む。

グループは、サービスが顧客に、はじめてであると伝えていたリアルタイムで、仲介者を通り抜ける必要なしの支払いができる。

計画に巻き込まれた銀行は、まだ、いくつかの金融機関と、段階的に実行されたサービスロールアウトを開始し、商業用の展開の前のシステムを引きずっている。

国のモバイルのP2P支払い市場は現在、Safaricomのm-Pesaサービスにより導かれる。

それは財布とお金サービスの範囲も提供する。

国の通信権限の最新のデータでは、2016年09月の終わりの3ヶ月で、m-PesaのトランザクションのP2P転送施設処理KES3890奥(US$36億)価値をカバーする。

これは、ケニアのモバイルP2P振替市場の82%になる。

これでは、銀行業務が成り立たなくなっている。

2017-01-25---M-Pesaはケニアの市場を支配し続ける。
2016-12-13---Safaricomは、M-Pesaをさらに拡張。
2016-11-25---SafaricomのCTOは、IoTとm-支払いを結合するパワーを押す。
2016-09-19---ボーダフォン・インドのM-Pesaは、年金支払い計画を開始した。
2016-05-12---ケニアのSafaricomのために、M-Pesaは収益で上昇。
2016-05-09---モバイル・マネーで、最も懸念された1つが南アフリカで起こった!
2016-05-04---最古参ボーダフォンのM-Pesaは、更に拡大中!
2016-03-16---南アフリカのVodacomは、M-Pesaレビューで予想外の低さを暴露!
2015-12-10---ルーマニアで、AzimoとWorldRemitがM-Pesaでモバイル国際送金と受け取りを実現。
2015-12-07---ボーダフォンはM-Pesaをガーナで開始する。
2015-11-05---M-Pesaは、ユーザー会員数が急増!
2015-09-29---ケニアは、M-Pesaを経由した国債を提供する。
2015-07-23---南アフリカのVodacomは、M-Pesaユーザーが780万と報告。
2015-06-23---アフリカの2Pモバイル・マネーは、3年で2倍の収益。
2015-06-19---M-Pesa PayBillへ、世界初の国際的アクセスとして、SimbaPayスタート!
2015-06-11---最初にM-Pesaにリンクされた送金サービス会社SimbaPay。
2015-05-19---ボーダフォンはインドで、モバイル・マネーでたった2000万人に貢献。
2015-05-18---南アフリカのVodacomのM-Pesaは家庭に達していない。
2015-05-08---Apple PayやGoogle Walletが古くさく感じる。
2015-05-06---Safaricomは、モバイル・マネー、データ・サービスを高度化!
2015-04-23---ケニヤのSafaricomは、信頼性を高めるために、M-Pesaのサーバーを移転。
2015-04-20---ボーダフォンとMTNは、モバイル・マネー・プラットフォームを相互接続。
2015-03-09---M-Pesaは初めて国境を越えて行く。
2015-02-26---Millicomは、アフリカで最初の一般的なマネー・サービスを要求。
2015-02-18---WorldRemitは、オペレータとパートナーシップ拡張でUS$1億を使用。
2015-02-04---Vodacomは、節約と貸付金でM-Pesaに与える。
2014-12-05---ケニアで、サイバー犯罪網を組織していた中国人77人逮捕。
2014-12-01---南アフリカのVodacomは、価値チェーン上でM-Pesaを取る。
2014-09-26---南アのVodacomは、2017年までにモバイル・マネー倍増を計画。
2014-08-04---南アフリカのVodacomチームは、Bidvest, Visaと共に、M-Pesaの2回目の挑戦。
2014-07-28---南アフリカのVodacomはM-Pesaのために再着手を促進。
2014-07-22---Safaricomに対し、ケニアのAirtelが釘を刺した。
2014-07-16---ケニアのSafaricomは、モバイル・マネーで独立性支配を止めた。
2014-05-22---タンザニアはモバイル・マネーのスター。
2014-06-24---WorldRemitは別の相互運用取り引きを締結。
2014-06-08---ケニア政府は、Safaricomに与えられたUS$1億7000万の契約を保留。
2014-06-04---携帯電話事業者は、アフリカでモバイル・マネー相互運用性協定に署名。
2014-06-03---Tigoタンザニアの顧客の半分以上は、モバイル・マネー・サービスを利用。
2014-05-22---タンザニアはモバイル・マネーのスター。
2014-05-06---Safaricomは、M-Pesaの瞬間(instantaneous)振替を実現。
2014-05-05---Safaricomはモバイル・バンキング高速サービスを促進。
2014-04-30---Bharti、アフリカでAirtelマネーが急上昇。
2014-04-22---ケニアの銀行は、NFCを組み込んだスマートフォンの利用を可能にした。
2014-04-15---ケニアは、3つのMVNOの許可により、モバイル・マネーをシェークした。
2014-04-11---口座名義人に金融サービスを提供するために、Equity Bankは携帯電話銀行業務に参入。
2014-03-31---ボーダフォンはいよいよ、M-Pesaをヨーロッパで展開。
2014-03-12---ケニヤのAirtelとSafaircomのモバイル・マネー抗争。
2014-02-16---Safaricomは、モバイル・マネー代理人に、ライバルのサービスを禁止。
2014-01-29---Safaricom、マイクロ融資業務で、ブラックリストを始めた。
2014-01-03---ボーダフォンは、タータ・テレサービス買収を熟考中。
2013-10-02---Bharti、モバイル・マネーで、アフリカのエコバンクと提携。
2013-07-31---Airtelはケニア、ナイジェリアで銀行取り引きを締結。
2013-07-09---ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとM-Pesaをリンクさせる。
2013-07-02---ケニヤのジャンボ・テック!ハロー、テック!in スワヒリ
2013-06-24---ケニアのSafaricomは、モバイル・マネーを会社ターゲットにプッシュ!
2013-05-23---ケニアで、賃金をモバイル・アカウントに直接支払う実験を実施。
2013-05-20---アフリカのタンザニアでM-Pesa急上昇。
2013-05-02---Googleはケニアで、ペイメント市場に参入!?
2013-04-21---ケニアのモバイル・マネー預金、ケニア最大の銀行を追い抜いた。
2013-04-17---モバイル・マネー・サービスM-Pesa、インドに上陸。
2013-03-26---ケニヤのSafaricomは、携帯電話の電話帳バックアップ・サービスを開始!
2013-03-12---モバイル・マネーは、貧困にタックルするテクノロジー・ゲーム・チェンジャー。
2013-02-20---Vodacomはタンザニアで携帯電話用太陽充電器を発売。
2013-02-19---Safaricomはモバイル・マネー・エージェンシーに信用貸しを提示。
2013-02-15---ケニアは、モバイル・マネー取引税を改造。
2013-02-03---Safaricomは、政府税により、一部サービス料金を上げた。
2013-01-18---ナイジェリアは、携帯電話事業者にモバイル・マネーを認可しない。
2013-01-01---インドは、貧弱な人のために、送金計画を伸ばす。
2012-12-12---Safaricomは、少額貸し出しサービスのアイディアで非難されている。
2012-11-27---M-Pesaは、小口金融M-Shwariの提示を始めた!
2012-11-08---ボーダフォンはインドでM-Pesaモバイル・バンキング・サービスを開始。
2012-10-29---週末、SafaricomのM-Pesaがアクセス不能になった!
2012-10-23---M-Pesaで、より多くの国際通貨トランスファー・ルートをオープン。
2012-10-11---技術ブームはどれだけ、ケニアを変革できるか。
2012-07-29---Vodacom Tanzaniaは、高い無線周波帯域を米国ドルで請求を非難!
2012-04-16---国内モバイル・マネー・トランスファーは、2016年までに3億6,000万件。
2012-03-19---ケニヤのテクノロジー成長を基礎にした「シリコン・サヴァナ(Silicon Savannah)」計画。
2012-03-01---ケニヤのSafaricomは、小口モバイル・バンキング取引費値下げ!
2011-12-22---ケニヤのSafaricomは、M-PESAの断続的な遅れを謝罪した。
2011-12-12---アフガニスタンで、モバイル・マネー・テストを開始!
2011-05-16---南アフリカのVodacomは、年間利益で跳ね上がった!
2011-02-23---Safaricomの元最高経営責任者、世界銀行にアドバイス!
2011-01-01---2011年は、世界でお金が変わります!
2010-12-06---現在、もっとも興味深いモバイル・マネー!
2010-12-03---ウェスタン・ユニオンの振替が、Zoompassモバイル財布で利用可能!
2010-11-24---インドでのモバイル・マネー振替候補の銀行間体系セットを完成。
2010-11-22---ケニアは、モバイル財布「M-ペサ」を世界中に教えている!
2010-11-15---ゲイツ財団はグローバル・セービング・フォーラムを召集。
2010-10-24---Safaricomは、M-PESAをスーパーマーケット拡大。
2010-09-29---ケニヤの「M-ペサ」で、毎日300万件の取引をしていた!
2010-09-23---ケニヤのSafaricomはUS$2億7000万の予算でアップグレードを計画!
2010-07-27---ケニアはSIMカード登録締切を遅らせるかもしれない。
2010-06-24---ケニヤのTelkom Kenyaが3Gライセンスを獲得する。
2010-06-16---Safaricomは、ケニアのモバイル・マネーを銀行に拡大。
2010-06-09---大地震で崩壊したハイチ経済の建て直しにモバイル・マネーを採用!
2010-05-26---ケニヤの携帯電話会社Safaricom、年収で44%上昇。
2010-05-11---南アフリカのVodacom、超低価格ラップトップを販売開始。
2010-04-22---新しいプリペイド携帯電話の戦い!
2010-03-30---Vodacomが南アフリカで電子マネー「Mペサ(M-PESA)」を開始。
2009-06-15---貧乏人から金を巻き上げる方法は、貧乏人に携帯電話を与えること。
2008-07-09---そして次に注目のアフリカは、モバイル・インターネットで爆発!
2008-06-09---ケニアのサファリコムが、公募でデビューした。


この記事をはてなブックマークに追加

ニューヨーク市のウォルドーフ・アストリアが一時閉鎖。

2017-02-28 21:40:51 | 観光
ArtDailyは2017年02月28日に、AFPからの情報としてニューヨーク市のウォルドーフ・アストリア(New York City's Waldorf Astoria)が改装のため、2017年03月01日から一時的に、閉まると報告した。

http://time-az.com/main/detail/58872

ウォルドーフ・アストリアは1893年03月にオープンした。

伝えられるところでは、ホテルの小さい部分だけが、分譲マンションに変えられて、後は残り続けると言っている。

ニューヨークの古いホテルは、経営が苦しいようだ。

ニューヨーク市のウォルドーフ・アストリア(New York City's Waldorf Astoria)の緯度、経度
40°45'23.0"N 73°58'27.0"W
または、
40.756389, -73.974167

2015-10-22---ホテルスタッフの8つの秘密。それはホテル利用の裏技!
2010-10-20---ニューヨークで有名なボヘミア風ホテル「チェルシー」は売り物!
2005-04-30---有名なホテル「Plaza Hotel」が閉鎖した。
1985-09-22---「プラザ合意」がG5により発表された。


この記事をはてなブックマークに追加

オバマ仏大統領誕生か?

2017-02-28 20:15:11 | 人物
ロイターは2017年02月26日に、フランスで、オバマにフランス大統領になって欲しいかという出馬請願が登場し、4万人が賛同したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58871

なぜこんなことになったかといえば、今度のフランス大統領選で、投票したい人がいないことに気がついたと報告している。
もちろんジョークだが、オバマも一度、フランスの大統領になることも考え、発言すべきかもしれない。

それは日本も同じで、現状のうちわでない人に投票してきた。

小池百合子だって、納得していない!
他よりマシかという程度であった!

2017-03-05---石原元都知事の百条委員会前に、側近が全真相を独白!
2017-02-26---フランスの極右ルペン党首の「親友」を選挙違反で起訴!
2017-02-22---豊洲問題で、都議会が百条委を設置。
2017-02-09---豊洲問題で、「百条委員会」が設置される見通しになった。
2017-02-07---豊洲問題で、逃げ回る石原元知事を参考人招致決定!
2017-02-05---フランスの極右ルペン、「フランス第一」を旗印に 大統領選へ決起集会。
2017-01-30---ドイツが警戒する、極右の「帝国市民」運動。
2017-01-21---小池知事の政治塾、都議選候補に300人合格。
2017-01-16---小池都知事、豊洲移転問題で、石原良純起用に不快感!
2016-12-25---悪名高く!冗談のようなオランダ極右が第1党か?!
2016-11-25---小池百合子知事、副知事ら現職は12人、18人懲戒処分発表。
2016-11-24---石原慎太郎元都知事の詰め腹切り2人目!
2016-11-12---小池塾で、石原慎太郎の嘘を暴く!?
2016-10-14---小池百合子都知事の決断、中央卸売市場長を更迭。
2007-02-18---第1回東京マラソン(Tokyo Marathon)が開催された。
1923-12-01---築地の魚河岸が開場した。


この記事をはてなブックマークに追加

傷ついた神経に、直接巻き付け再生促す治療用シート開発。

2017-02-28 18:51:30 | 美容と医学の科学
毎日新聞は2017年2月27日に、物質・材料研究機構と大阪大学の研究チームは、傷ついた神経に直接巻き付けて神経の再生を促す治療用シートを開発したと、茨城県つくば市のNIMS(National Institute for Materials Science/物質・材料研究機構)と大阪大学の研究チームが2017年2月27日に発表したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58870

指先がしびれる「手根管症候群」などに有効と考えられ、2年後の臨床研究開始を目指す。

生体材料科学の国際誌Acta Biomaterialiaの2017年04月号(02月05日)にてオンライン掲載された。

チームは分子の長さを工夫するなどして、非常に軟らかく、体内で分解されるプラスチックを開発した。
神経再生を促す効果があるビタミンB12の一種「メチルコバラミン」を混ぜて直径数百ナノメートル(ナノは10億分の1)の糸を作り、体内で長期間にわたって薬が少しずつしみ出るようにした。この糸で作ったシートを傷つけたマウスの神経に巻き付けたところ、6週間後には健康なマウスと同じくらい機能が回復したと話している。

メチルコバラミンは口から飲んでも十分に効果が出ない場合があることが課題だった。

手根管症候群は、手首の「手根管」というトンネルの中で神経が圧迫されて傷つき、指にしびれや痛みが出る病気で、中高年の女性に多く、国内に数十万人の患者がいるとされる。

大阪大学整形外科の田中啓之助教授は、「神経が切断されたような場合の治療でも使えるのではないか」と話している。
もしかすると、脊椎損傷などにも利用できるかもしれない。


この記事をはてなブックマークに追加

東京五輪の週刊文春報道で、森元首相が700万円賠償提訴。

2017-02-28 18:23:29 | 犯罪と裁判
毎日新聞は2017年2月27日に、東京オリンピックを巡る週刊文春の報道で名誉を傷つけられたとして、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相が発行元の文芸春秋を相手取り、700万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求めて東京地裁に提訴したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58869

文芸春秋側は2017年2月27日に、第1回口頭弁論で請求棄却を求めた。

訴状によると、森元首相に近い企業が五輪案件を受注したなどと報じた昨年9月15日号と同10月13日号の記事で名誉を傷つけられたと主張している。

森喜朗元首相といえば、世間でどう噂されているか本人も知っているだろう。

そのような噂を文芸春秋は、実証したのだろう。

文句を言う前に、どんな噂が出ないようにすべきだろう。

2009-08-07---女優で歌手の酒井法子に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出た。


この記事をはてなブックマークに追加

どうなる?2100年の未来都市[東京]

2017-02-28 17:29:51 | 未来
GE(General Electric Company)が2015年07月08日に、国連によれば、2100年までに世界の人口のうち84%が都市部に暮らすことにになると報告しているが、少子高齢化問題を抱えている日本の人口推移はどうでしょう?世界と日本の未来都市を想像してみませんか?と未来予測レポートを公開している。

http://time-az.com/main/detail/58868

すでに、1年半前の予測であり、かなりすでに大きくずれている。

#1:世界に次々と増殖する巨大都市、縮小する東京。
#2:気候変動と戦う世界の都市
#3:ロボットや機械も、生態系の立派な構成員に
#4:AI(artificial intelligence/人口知能)を活用した無人輸送やヘルスケアシステム

しかし、2100年どころか、2017年で、2015年の未来予測が、こんなに古く感じる。

手元に、これまでの未来予測百科事典を数種類持っているが、間違えても100年も先のことは予測すべきではない。

2017-02-27---クラウド時代のビッグ・データを使った「がん治療」や「脊椎損傷治療」!?
2017-02-20---科学雑誌が、時代遅れになると、どうなるか?
2017-02-10---日本での難民申請の裏側。
2017-02-10---いよいよiPSで脊髄損傷を治療!2018年前半にも臨床研究。
2017-02-07---中国の王毅外相、米中、対立する余裕はない。
2016-12-29---根津甚八、死去!
2016-11-17---インドの高額紙幣廃止で混乱!
2016-11-01---感染に520日気づかず 「サイバー無策」で企業が滅ぶ!
2016-10-21---米国の大手サイトに、大規模サイバー攻撃!
2016-10-02---障害者スポーツ、施設拡大!大会誘致・企業PRへ機運。でもまだまだ!
2016-08-03---イーストウッド、誰もがドナルド・トランプを『乗り越えなさい。』
2016-07-26---もし、バイアグラを1時間に35錠飲んだらどうなるか?
2016-07-12---世界最大会社の一つが、Brexitの後、ロンドンから出て行く!?
2016-07-12---国際仲裁裁判所、南シナ海領有権、「中国に歴史的権利なし」と裁定。
2015-10-26---ベーコンやソーセージ、ハンバーグのパテなどは不健康ではなく、発癌性!
2015-10-25---史上初、脳外科手術のライブ放送。
2015-09-24---17歳アーティストは、書籍愛好家のためのポルノ地図を制作した。
2015-07-20---ポール・マッカートニーは、音痴の詩人!?
2015-06-11---IMFからAlexis Tsipras「あなたは幸運なパンク?」


この記事をはてなブックマークに追加

日本でドローン初の人身事故。

2017-02-28 15:48:19 | 調査
毎日新聞は2017年02月28日に、神奈川県藤沢市の工事現場で2017年02月、空撮のため飛行していた小型無人機「ドローン」が墜落し、顔にあたった作業員が負傷していたことが国土交通省への取材で分かったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58867

飛行中に通信障害が起き、操縦できなくなったとみられる。

国土交通省によると、2017年02月18日午前10時すぎ、藤沢市の工事現場の上空を飛行していた重さ約1kgのドローンが上空約70mでクレーンに接触し、墜落した。操縦者とは別の30代の男性作業員に衝突し、作業員は顔を数針縫うけがをした。

ドローンなど無人航空機を巡っては国が報告を求めるようになった2015年12月以降、約50件のトラブルが報告されているが、人身事故は初めてであった。

現状の小型無人機「ドローン」は、羽が硬く、無防備のものが多ので、このような事故が起こる。

羽がソフト・プラスチックで、それを丸いリングで防御するなど、怪我の予防を考慮する必要が出てきている。

海外では、かなり多く報告されている。中には小型無人機「ドローン」を車で追跡していて、そのまま車で突っ込んだ事故も報告されている。



この記事をはてなブックマークに追加

スペースX、民間企業初の月旅行を2018年末に行うと発表。

2017-02-28 14:33:56 | 宇宙
毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2017年02月28日に、米国の宇宙ベンチャーであるスペースX(Space X)は2017年02月27日に、民間企業としては初の月への旅行を2018年末に行うと発表した。

http://time-az.com/main/detail/58866

乗客は2人で、既に多額の予約金を支払い済みだという。

これが実現すれば米国のアポロ計画以来、46年ぶりに人類が月を訪れることになる。
ただし、月を周回して地球に戻る計画で、月面には降りない。

スペースXが最終目標に掲げるのは、火星探査・移住計画である。


この記事をはてなブックマークに追加

インドのタタとNTTドコモが一転和解!賠償金1300億円。

2017-02-28 11:42:37 | 犯罪と裁判
産経ニュース、日本経済新聞 電子版は2017年02月27日に、インドの携帯電話合弁事業からの撤退をめぐって、NTTドコモとインドの財閥大手タタ・グループ(Tata Group)の交渉が泥沼化している問題で、タタの持ち株会社のタタ・サンズが賠償金約11億7200万ドル(約1300億円)を支払うことでドコモと和解したことが、2017年02月27日にわかったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58865

2016年06月に国際仲裁裁判所(Permanent Court of Arbitration/Cour permanente d'arbitrage)がタタ・サンズに同額の賠償金の支払いを命じた後、タタ・サンズ側はこれに応じず、ドコモもタタ・グループの資産差し押さえを求める訴訟を米国で起こすなど両社の争いは泥沼化していた。

タタ・サンズの会長にドコモとの問題解決に熱心なラタン・タタ(Ratan Naval Tata/1937 - )が2016年10月に就任したことなどから、一転して和解に向かうことになったと伝えている。

NTTドコモは、李嘉誠(Sir Li Ka-shing/Li Ka Shing/1928 - )を使った初期のヨーロッパ携帯電話事業者への出資、AOL出資など、いつも損しているように感じる。

2015-02-03---より柔らかい鉄を持つインドのタタ帝国の全貌。
2014-04-25---NTTドコモは、Tataの株を売りたい。
2014-01-26---タタ・モーターズの重役、タイでホテルの22階から落ち、死亡。
2014-01-04---ボーダフォン株式公開買付けの噂で、タータ・テレサービス株が沸騰。
2014-01-03---ボーダフォンは、タータ・テレサービス買収を熟考中。
2013-12-30---ボーダフォンは少数のインドの株主から権利を買い取るために承認された。
2013-12-19---タタ・ドコモは、mRupeeをより多くのインドの都市でサービス展開。
2013-10-30---ボーダフォンは、インド事業で100%オーナーになる計画。
2013-10-23---ボーダフォンは、ローカルJVのテレコム・エジプトの買収準備完了。
2013-10-16---M-Pesaで、「銀行に預金していない人」に、紙幣とコインが不要になるときが来た。
2013-10-14---なぜ世界の技術大手は、アフリカで投資しているのか?
2013-10-10---モバイル収入は、産業史上でいつから減退し始めるか?
2013-10-09---ボーダフォンは、少数のインドの株主から株を買い取る努力に注視。
2013-10-08---ボーダフォンはブラジルをパスして、インドに集中。
2013-09-23---ボーダフォン・インドは将来マネージャーを大学に求める。
2013-09-15---ボーダフォンは、インドをターゲットにした!
2013-09-03---ボーダフォンはVZW取り引きの後、£30億を4Gに費やす。
2013-09-01---ボーダフォンとベライゾンはUS$1300億で、VZW取り引きに合意。
2013-08-29---ボーダフォンはベライゾン・ワイヤレスの全株式売却を計画。
2013-08-22---ボーダフォンは、M-Pesaをエジプト、ルーマニアで始める。
2013-08-21---ケニヤのSafaricomは、自宅の賃貸料をM-Pesaで支払えるようにした。
2013-08-09---インドの中央銀行は、ルピーを押し上げる新しい手段を発表。
2013-08-07---Consult Hyperionは、モバイル・マネーでM-Pesaに参加。
2013-07-29---インド首相、ルピー落下について議論するために会合を開催。
2013-07-24---インドの最大の銀行は、モバイル・ペイメント取り引きを発表。
2013-07-16---ケニヤ電力のプリペイド電気ユーザーは、M-Pesaに集結。
2013-06-24---ケニアのSafaricomは、モバイル・マネーを会社ターゲットにプッシュ!
2013-06-13---日本企業がインドを「アフリカ攻略の拠点」にした。
2013-05-23---ケニアで、賃金をモバイル・アカウントに直接支払う実験を実施。
2013-05-21---ボーダフォンは販売が落ちるとともに、ヨーロッパの混乱で打たれた。
2013-04-21---ケニアのモバイル・マネー預金、ケニア最大の銀行を追い抜いた。
2013-04-17---モバイル・マネー・サービスM-Pesa、インドに上陸。
2013-02-19---Safaricomはモバイル・マネー・エージェンシーに信用貸しを提示。
2013-02-13---ビザは、銀行のない金銭プラットフォームを始めた。
2013-02-03---Safaricomは、政府税により、一部サービス料金を上げた。
2012-11-27---M-Pesaは、小口金融M-Shwariの提示を始めた!
2012-11-08---ボーダフォンはインドでM-Pesaモバイル・バンキング・サービスを開始。
2012-10-23---M-Pesaで、より多くの国際通貨トランスファー・ルートをオープン。!
2012-10-11---技術ブームはどれだけ、ケニアを変革できるか。
2012-07-16---ボーダフォンはベライゾン・ワイヤレスからUS$45億の支払いを期待!
2012-03-26---NTTドコモの投資で、Tata Teleservicesの考えは、180°逆!
2012-03-19---ケニヤのテクノロジー成長を基礎にした「シリコン・サヴァナ(Silicon Savannah)」計画。
2012-03-01---ケニヤのSafaricomは、小口モバイル・バンキング取引費値下げ
2012-02-22---ビザとMonitiseは、インドの銀行へモバイル・バンキング・サービスを提供。
2011-07-29---ボーダフォンがベライゾンから、風で落ちた果物US$45億を受け取る!
2011-07-24---インドのTata Teleservicesは、Virgin Mobileとの関係を見直している。
2011-03-31---NTTドコモ、インドのTTSLへ投資増額!
2010-11-24---インドでのモバイル・マネー振替候補の銀行間体系セットを完成。
2010-09-19---ボーダフォンとベライゾンの配当支払い「秘密の会談」
2010-09-08---ボーダフォンは、中国モバイルを売却し、US$65億を手に入れた。
2010-08-29---イギリスのボーダフォンが、チャイナ・モバイルの株式を売却。
2010-08-15---インドのTATAは、NTTドコモの追加投資を否定!
2010-07-25---ボーダフォン、少数株の処分を熟考中!
2009-08-20---NTTドコモがインドのTTSL(Tata Teleservices)へ増資?
2009-07-10---NTTドコモがアジアでの投資先を探している。


この記事をはてなブックマークに追加