世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ヨーロッパで、ウクライナを中心とした大規模サイバー攻撃発生!

2017-06-28 19:26:52 | 犯罪と裁判
日本経済新聞 電子版は2017年06月28日に、ウクライナ(Україна/宇克蘭/烏克蘭/Ukraine)を中心にヨーロッパやロシアで2017年06月27日に、大規模なサイバー攻撃が起きたと、ロイター通信などが伝えたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60380

ウクライナでは政府機関のコンピュータのほか、中央銀行を含む金融機関や首都キエフの空港などが攻撃された。

専門家の間では、5月に世界規模の広がりをみせた身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)のウイルス「ワナクライ(WannaCry)」の修正版や「PETYA」などとの見方が出ている。

そういえば、私にも請求書を送って来たメールが5本くらい届いた。

被害が多く報告されているのはウクライナで、ロイター通信はウクライナ政府高官が「ウイルスを分析したところ、ロシアが関与した可能性がある」と話したと伝えた。ロゼンコ副首相(Pavlo Rozenko, Vice-Prime Minister of Ukraine)はTwitterにエラーメッセージが出たパソコン画面の画像を投稿した。

2017年05月に起きた「ワナクライ」によるサイバー攻撃では、企業や官公庁など少なくとも150カ国・地域で数十万件の被害が出たとされる。
北朝鮮の関与が取り沙汰されたが、詳細は明らかになっていない。

Bitcoin取引所は、サイバー警察と連携し、身代金要求型ウイルスによる要求により、「Bitcoin」で支払っても回復できない場合があるので、「サイバー警察指定の場所」に相談してみてください。などと言った。「オレオレ詐欺」の銀行のようにインフォメーションを流すべきかもしれない。

サイバー攻撃で「Bitcoin」が値上がりするのは、好ましくない。

2017-05-17---ベトナムで、「WannaCry」に1900台感染。
2017-05-15---サイバー攻撃で、日立でシステム障害。
2017-05-14---「ランサムウエア」国内感染2件!?
2017-05-13---サイバー攻撃の「ランサムウエア」は、NSAのソフト技術利用!?
2017-05-12---病院や大手企業など、世界各国で大規模サイバー攻撃被害!日本でも確認!
2017-05-03---「Bitcoin」が最高値を更新。US$1400台に!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランドルの画家ペーテル・... | トップ | NHKがネット受信料検討!? »
最近の画像もっと見る

犯罪と裁判」カテゴリの最新記事