世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

日本全国で「としよりの日」を実施。

2017-07-23 17:57:11 | 自然
中央社会福祉協議会が初の「としよりの日」を1951年09月15日に実施した。

http://time-az.com/main/detail/60703

1947年に、兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町八千代区)の門脇政夫村長と山本明助役が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と提唱して、全国に先駆けて敬老会を開いたのが最初で、「としよりの日」が始まった。1950年に「としよりの日」が兵庫県により制定され、全域に広がった。1951年09月15日から全国で「としよりの日」を行われるようになった。

つまり、「としよりの日」の前に、敬老会を開いている。

また、多可町は播州百日鶏が有名で、敬老の日発祥の地ということで何か関連するっものを作りたいということで、この百日鶏と錦糸たまごを一番上に並べた親子寿司が誕生した。

1964年に、「としより」という名称はひどいということで、「老人の日」に改められ、1966年から2002年までは国民の祝日「敬老の日」となった。

多可町八千代区の緯度、経度
35°00'18.9"N 134°54'26.0"E

2005-09-15---厚生労働省が、「牛海綿状脳症対策基本計画の変更案」を公開した。
1973-09-15---敬老の日に「シルバーシート」が登場した。
1973-09-15---中央線でシルバーシートが登場した。
1973-04-12---「国民の祝日法」が改正され、振り替え休日制が導入された。
0000-09-15---老人の日

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国国務省、北朝鮮渡航禁止... | トップ | 日本で初めて列車に愛称を採... »
最近の画像もっと見る

自然」カテゴリの最新記事