世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ジェロニモが降参した。

2017-01-30 16:52:56 | 人物
History Channelは2016年09月04日に、アパッチ族の酋長ジェロニモ(Apache chief Geronimo/本名:Goyathlay/1829 - 1909)は1886年09月04日に、米国政府軍(U.S. government troops)に降服したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58530

強力なアメリカ先住民戦士は30年間、彼の種族の母国を保護するために戦った。
しかし、1886年までに、絶望的に数でアパッチは疲れはてた。

将軍ネルソン・マイルズ(General Nelson Miles)はジェロニモの引き渡しを受け入れて、米国軍に正式に従うために、彼を最後のインディアンの戦士にし、南西のインディアン戦争の終わりを伝えた。

ジェロニモとアパッチの部隊は、フロリダ(Florida)と、アラバマ(Alabama)に送られて、結局、コマンチ族(Comanche)とカイオワ(Kiowa)居留地の近く、オクラホマ州フォートシル領域(Fort Sill, Oklahoma Territory)で終わった。

そこで、ジェロニモは、成功した農夫になり、キリスト教(Christianity)に転換した。

彼は1905年にセオドアローズヴェルト大統領の就任のパレード(President Theodore Roosevelt’s inaugural parade in 1905)に参加した6人のインディアンの中の1人であった。

アパッチ族の酋長は、1906年に彼のジェロニモの物語「Geronimo’s Story of His Life」として、彼の自伝を出版した。

彼は1909年02月17日にフォートシル(Fort Sill)で死んだ。

1937-07-31---アパッチ族のスカウトであったマルチーヌが死去。
1909-02-17---アパッチの酋長ジェロニモが死去した。
1890-12-29---インディアンと米国軍との「ウーンデッド・ニーの戦い」が起こった。
1829-06-16---アパッチの酋長ジェロニモが生まれた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国大統領の入国制限令は、... | トップ | 1596年に九州の別府湾で起こ... »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事