世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ネスレ、米国で約1千億円の菓子事業撤退。

2017-06-16 21:40:15 | 食品
日本経済新聞 電子版は2017年06月16日に、食品世界最大手スイスのネスレ(Nestlé)は2017年06月15日に、「クランチ」や「バターフィンガー」などのブランドを持つ米国の菓子事業から撤退する方向で検討に入ったと発表した。

http://time-az.com/main/detail/60226

世界中のメディアが、ネスレは米国からチョコレート・ビジネスから、撤退と大騒ぎになっている。

事業売却も視野に入れている。成長率が低い事業を手放し、より有望な健康関連分野に注力する狙いがある。

年内に正式に決定する。米国での菓子事業の売上高は2016年12月期に9億スイスフラン(約1千億円)。
米国は同社にとって最大の市場だが、菓子事業は米国事業の売上高の3%にとどまる。

世界の菓子事業に占める割合は約10%。米国では他社に生産を委託している。

ネスレの株は急上昇。

な健康関連分野と菓子事業は、相反する。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアが、ISの最高指導者バ... | トップ | 『日米会話手帳』が発刊。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む