世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

全米テニス選手権男子ダブルスで、日本人ペア初優勝。

2016-12-13 22:12:00 | スポーツ
1955年08月に、アメリカで行なわれたデ杯インターゾーン準決勝は強豪オーストラリアに0-4で敗れたが、1週間後の1955年08月28日に全米ダブルス選手権(U.S. National Doubles Championship/現USオープン)の男子ダブルスに出場した加茂・宮城(Atsushi Miyagi)組は6試合を勝ち抜いて優勝した。

http://time-az.com/main/detail/57976

決勝戦の相手は米国のGerald MossとBill Quillianで、6–3, 6–3, 3–6, 1–6, 6–4で勝った。

日本勢としては1934年ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1934)混合ダブルスで優勝した三木龍喜だけで、以来11年ぶりのグランドスラム優勝であった。これは日本人選手による最初の全米選手権タイトルであると同時に、「日本人選手同士のペアで獲得した」初のグランドスラム優勝であり、現在も唯一の優勝である。また、現在日本人男子最後のグランドスラム優勝でもある。次に日本人がグランドスラム優勝を果たすのは20年後の1975年ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1975)のことである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文部省が道徳教育の義務化実... | トップ | 新しい市場は、N26で上昇。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む