世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

イギリスの画家ジョシュア・レイノルズが生まれた。

2017-07-16 19:12:47 | 人物
ArtDailyは2017年07月16日に、1723年07月16日に、現在のプリモス(Plymouth)であるプリンプトン(Plympton)のデボン(Devon)で生まれたジョシュア・レイノルズ卿RAFRSFRSA(Sir Joshua Reynolds RA FRS FRSA/1723 - 1792)は、有力な18世紀のイギリス画家であり、肖像が専門で、未完成時代の理想化に依存した絵画の「雄大なスタイル」を促進した。

http://time-az.com/main/detail/60613

彼は王立美術院(the Royal Academy)創立者のうちの1人で最初のプレジデントであった。

キングジョージIII(King George III)は1769年に彼の真価を認めて、ナイトに叙した。

ジョシュア・レイノルズ卿は1792年02月23日に、リッチモンド(Richmond)で死去した。

今回公開された写真は、左noイギリスのチャールズ皇太子(Britain's Prince Charles)は、2006年11月16日木曜日にロンドンのグリニッジno国立海事博物館(National Maritime Museum in Greenwich, London)で、ジョシュア・レイノルズ卿によって描かれたロイクレアと海軍准将ケッペル(Reynolds of Commodore Keppel, with Roy Clare )の絵画に身振りで解説しているところである。

そういえば、チャールズ皇太子は、ダイアナ妃の葬儀の時、いつ誰かに撃ち殺されるかもしれないと、いつも考えていたと話していた。

あの時、世界の皇室で最も嫌われていたのが、チャールズ皇太子であった。

1997-09-06---元イギリス皇太子妃ダイアナの葬儀が、国葬に準ずる「国民葬」で行われた。
1997-09-06---ダイアナ元妃の葬儀を約25億人のテレビ視聴者が見た。
​​​​​​​
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Flywireは、国境を越える支払... | トップ | 電子チケットで、「ダフ屋」... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む