世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)、自民党に完敗!

2017-03-21 18:05:46 | 犯罪と裁判
毎日新聞、朝日新聞デジタル、日本経済新聞 電子版は2017年03月21日に、築地市場の豊洲市場への移転問題に関する東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)は20日、移転を決めた84歳の石原慎太郎元知事を証人喚問した。
石原慎太郎元知事は「行政のピラミッドの頂点にいた私が報告を受け、最終的に決裁をした。その責任はある」と執行責任を認めたが、経緯については「前任知事から引き継いだ」と従来の主張を繰り返しただけで、3時間を1時間に減らし、延長もしないで、真相は解明できないまま終わった。

http://time-az.com/main/detail/59114

あれほど大騒ぎした百条委員会は、元知事、元副知事、元市場長、東京ガス幹部を合わせた主要4者の証人喚問を終えたが、用地取得に至る交渉の真相は解明されなかった。

議員の中には、「豊洲移転への決裁をしたことは大英断だったと思う」と誉めたたえる人まで現れ、真相に切り込もうとする姿勢はほとんど見られなかった。

その背景には、最大会派の自民党が、豊洲市場への移転推進をリードしてきた経緯があった。
さらに、小池知事が「7月の都議選で豊洲移転問題を争点にする」と明言していることで、各会派の質問は、本来百条委で追及されるはずの「豊洲市場の用地取得の経緯や交渉」ではなく、移転の可否問題にそれる場面も少なくなかった。

本来なら、小池知事が最大派閥を作ってからすべきで、自民党が最大会派では、うちうちに相談ができていた。

自民党による次の選挙対策用百条委員会になってしまった。

石原慎太郎元知事を始め、小池知事を含め、次々出てきた知事や副知事、こんな奴らを選んだ、馬鹿な東京都民が損をしたということになった。

7月の都議選も、馬鹿げた!

石原裕次郎は、かっこ良かったが、石原慎太郎元知事は汚いだけのジジイになった!
石原慎太郎の家族の未来が見えてきた!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100万人を超えた外国人労働者... | トップ | ローマ字表記法。どれが正し... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む