世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

源頼朝は挙兵したが、房総半島の安房に逃げた。

2016-10-17 18:51:10 | 戦争と平和
『吾妻鏡』によれば、源頼政は1180年5月12日(治承04年04月09日)に、息子の仲綱とともに三条高倉御所を訪れ、以仁王(motihitoo)に「源頼朝らの源氏を味方にして平家を討ち滅ぼすこと」を申し入れをしている。

http://time-az.com/main/detail/4936

それに応じた後白河法皇の第三皇子以仁王は、藤原宗信に命じて令旨を発布させると、源行家を東国へと向かわせ、まずは、伊豆国の源頼朝に令旨を伝え、その後、他の源氏にも伝えるよう手配した。

平清盛、宗盛らが1179年(治承3年)に、後白河法皇を幽閉したことや、天皇に逆らい仏法を破滅させようとしていることなどの暴挙を理由に、壬申の乱における天武天皇の前例に倣い、王位の簒奪を謀る反逆者平清盛とその一族を追討するため、東海、東山、北陸の三道諸国の源氏並びに軍兵に対して下された命令だった。

そして、1180年5月30日(治承04年04月27日)に、伊豆国の北条館に令旨を携えた源行家が到着した。

以仁王の平家討伐を受けて、伊豆の蛭ヶ島に流されていた源頼朝は水干に着替え、まず石清水八幡宮を遙拝した上で、謹んで開いて見たという。

全国源氏に先駆けて源頼政が1180年6月26日(治承4年5月25日)に挙兵したが、平家の追討を受けて頼政は平等院の境内で自刃した。
以仁王は奈良に落ち延びる途中で平家方の放った矢が王に当り、落馬して絶命した。

源頼朝は1180年09月15日(治承04年08月17日)を挙兵した。
木曽では1180年10月4日(治承04年09月07日)木曽義仲が、甲斐では武田が挙兵した。

石橋山で大敗したものの、安房(源頼朝上陸地)に渡って、関東武士団を率い、軍勢を整えると1180年11月02日(治承04年10月06日)には相模国に入り、鎌倉を本拠と定めている。

1352-09-03---室町幕府が近江・美濃・尾張で「半済令」を施行。
1252-09-29---鎌倉の大仏が完成した。
1204-08-21---鎌倉幕府2代将軍源頼家を、入浴中に謀殺。
1193-09-21---源頼朝が、弟の範頼を伊豆の修善寺に幽閉後、誅殺。
1192-09-17---源実朝が生まれた。
1192-07-12---鎌倉幕府が成立した。
1189-04-30---義経が自害した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源頼朝が、弟の範頼を伊豆の... | トップ | 肖像が日本武尊の千円紙幣を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む