世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

東京銀座に自動交通信号機が設置された。

2016-10-29 22:05:06 | 調査
東京銀座の尾張町(銀座四丁目)、京橋など34の交差点に3色の自動交通信号機が、1931年08月20日に設置された。

http://time-az.com/main/detail/4992

現在の銀座四丁目は、最も土地代が高く、三越、銀座和光(旧服部時計店)、銀座三愛などがある有名な交差点である。

電気を使用した信号機は赤、黄、緑の3色の灯器が米国から輸入され、1930年に東京の日比谷交差点に設置された。

また。ヨーロッパの鉄道には、道路より古くから信号機があった。特に単線が多かったことから、信号機がないと列車事故が起こるので、初期に開発されている。

東京銀座の尾張町(銀座四丁目)交差点のGoogle Earthポインター情報
35°40'16.45"N,139°45'54.10"E
または、
35.671236, 139.765028

1927-11-05---イギリスで最初の交通信号機が設置された。
1914-08-05---オハイオ州クリーブランドに世界初の電気式信号機を設置。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中尊寺金色堂が完成。 | トップ | スカボロー礁から中国船団引... »
最近の画像もっと見る

調査」カテゴリの最新記事