世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

みずほ証券、機関投資家向けに、AI株売買システム提供。

2016-10-18 14:56:04 | モバイル・マネー
日本経済新聞 電子版は2016年10月18日に、みずほ証券は2016年11月末にもAI(Artificial Intelligence/人工知能)を搭載した株式売買システムを機関投資家向けに提供し始めると報告した。

http://time-az.com/main/detail/57306

AIは自社開発で、株価変動を予測して「安く買い、高く売る」ように注文執行のタイミングを調整する。

機関投資家が受託している年金基金や投資信託の運用成績の下支えにつながる可能性がある。

このようなシステムは、米国のヘッジ・ファンド(hedge fund)で多く採用されたが、同じようなシステムを使っている人が、売買で嵐を起こし、株式市場を混乱させたことで大きな問題になったことがあり、それをどう調整するかで、大きな話題になったことがある。
とくに、その嵐を利用して、株価操作が可能になったこともあった。
証券監視組織は、血眼になって調査したが、株価操作の原因探求は不可能に近かった!

みずほ証券の等々力昌彦副社長は、「AIが当たり前の時代になり、顧客の要望に合わせて細かく改良していく必要がある」として、数億円かけて自社開発にこだわった。金融業界ではAIの利用が広がり始めているが、IT(情報技術)系企業と共同で開発するのが一般的である。

今後、多くの証券会社が、この分野に手を出してくるので、それを評価する専門雑誌も登場することだろう。

特に、米国のヘッジ・ファンドでは、リアルタイムで情報を提供するオンライン雑誌が注目された。

複数のAI株売買システムを渡り歩くユーザーも登場することだろう。

また、当然モバイル・マネー、スマートフォンとの連動は必需だろう。

みずほ証券がどこまでできるか期待したい。

できれば、少額から取引できるようにしてほしい。

また、Bitcoinなどの仮装通貨がどうこれに絡むかも注目している。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球環境観測衛星「みどり」... | トップ | 初の皇族首相、東久邇宮内閣... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む