世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

豊洲市場、ベンゼン100倍、シアン、ヒ素も検出した。

2017-03-19 15:17:03 | 食品
毎日新聞は2017年03月18日に、東京都江東区の豊洲市場の移転問題で、環境水理学を専門とする環境学者の平田健正(Tatemasa Hirata/1950年 - )を座長とする外部有識者の「専門家会議」が2017年03月19日開かれ、地下水の再調査結果が議論されると報告した。

http://time-az.com/main/detail/59092

平田健正は、ダイオキシン類対策検討委員会座長、地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会実行委員会委員長、OAP土壌地下水汚染の対策に関する技術評価検討会座長などを歴任してきている。

関係者によると、再調査では国の環境基準値の最大100倍のベンゼンが検出されるなど、複数地点で基準値を上回る有害物質が確認された。

さらに日本経済新聞 電子版は、再調査は豊洲市場内の29カ所で実施、複数箇所で飲み水の環境基準を超えた。ベンゼンだけでなく、シアンも検出したと報告している。

NHKは、合わせて29か所の調査地点のうち25か所で、環境基準を上回るベンゼンやシアン、ヒ素などの有害物質が検出されたと報告している。

最大79倍のベンゼンが検出された2017年01月の9回目の調査結果を上回る数値について、専門家会議の見解が注目される。

ただし、福島原発の汚染魚も食えると言っているので---

2017-03-18---元市場長の証言と、石原慎太郎元知事の発言で食い違い。
2017-03-17---百条委「豊洲移転判断に影響」
2017-03-11---豊洲百条委が始まった。
2017-03-11---百条委員会。大矢元市場長と石原元知事で、食い違いが発覚!
2017-03-05---石原元都知事の百条委員会前に、側近が全真相を独白!
2017-02-09---豊洲問題で、「百条委員会」が設置される見通しになった。
2017-02-07---豊洲問題で、逃げ回る石原元知事を参考人招致決定!
2017-01-16---小池都知事、豊洲移転問題で、石原良純起用に不快感!
2016-11-25---小池百合子知事、副知事ら現職は12人、18人懲戒処分発表。
2016-11-24---石原慎太郎元都知事の詰め腹切り2人目!
2016-11-12---小池塾で、石原慎太郎の嘘を暴く!?
2016-10-14---小池百合子都知事の決断、中央卸売市場長を更迭。
2007-02-18---第1回東京マラソン(Tokyo Marathon)が開催された。
1923-12-01---築地の魚河岸が開場した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元市場長の証言と、石原慎太... | トップ | ヤンキーはチャタヌガを攻め... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む