世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

中上川彦次郎の娘あきが、藤原義江を追って2児を残してミラノへ出発。

2016-10-19 12:24:16 | 人物
福澤諭吉の実姉婉の長男であり、山陽鉄道の創設者で三井財閥の近代化に尽力した三井財閥の大番頭中上川彦次郎の娘あき(1897 - 1967)が、藤原義江を追って2児を残して、1928年08月18日にミラノへ出発し、「世紀の恋」と話題になった。

http://time-az.com/main/detail/57315

あきは1913年、16歳のときに一度の見合いもなく、16歳年上の東京京橋の開業医宮下左右輔(Sosuke Miyashita)と強制的に結婚させられ、宮下あきとして、2児の女の子を生んでいる。

その2児を残して、1927年9月にテノール歌手藤原義江と恋に落ち、1928年08月18日に宮下左右輔と離婚して藤原を追ってイタリアのミラノに移住した。

藤原との恋愛は『世紀の恋』と謳われた。藤原との間に1児の男の子を生んでいる。

美容部長として資生堂に勤務する。1955年にNHKの人気番組「私の秘密」のレギュラー出演者となり、そこで聴取者の人気を博し、自民党がこの人気に目をつけた上に藤山愛一郎の従姉妹という縁から、1962年の参院選に自民党公認で全国区から立候補した。116万票の大量得票でトップ当選し、その後続々登場するタレント議員のはしりとなった。自民党では藤山派に所属し、任期半ばの1967年に癌のため死去した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チンギス・カンが死んだ。 | トップ | 居酒屋が、「支付宝(Alipay)... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む