世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

米国のハリウッド看板がハックされ、「大麻」になった。

2017-01-03 14:51:37 | 麻薬とメディア
毎日新聞は2017年01月02日に、米国のロサンゼルスにある丘に立ち、観光名所として知られる「ハリウッド(HOLLYWOOD)」と書かれた看板が2017年01月01日に、何者かによって「ハリウィード(HOLLYWEED/ホリーの草/ホリーの大麻)」と一時変えられたと、米国メディアが報じたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58215

weed(ウィード)は隠語で大麻を意味するため、ロサンゼルスがあるカリフォルニア州で昨年行われた住民投票で、嗜好用大麻の解禁が決まったことと関連があるとの見方が出ている。

2017年01月01日未明、黒い服を着た人物が看板をよじ登り、アルファベットの大文字「O」の二つに、部分的に布をかけるなどして小文字の「e」に変えている様子が、監視カメラに写っていた。

看板そのものに被害はなく、警察は不法侵入容疑で捜査している。

しかし、これはフォトショップ詐欺ではないし、器物損壊でもない。

oからeのときにeの切れ目にpeaceマークかハートマークが入っているようだ。
西海岸の昔のヒッピーの仕業か?

「HOLLYWOOD」の看板の緯度、経度
34° 8′ 4.55″ N, 118° 19′ 18.27″ W
または、
34.134597, -118.321741

1923-07-13---HOLLYWOODの看板が設置された。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マライア・キャリーの悲惨な... | トップ | イランの古代岩壁画、経済制... »
最近の画像もっと見る

麻薬とメディア」カテゴリの最新記事