世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

エジプト中部で「前代未聞」の地下墓地からミイラ17体見つかる。

2017-05-15 09:51:50 | 超過去
AFPは2017年05月14日に、エジプト中部ミニア(Minya)県の砂漠地帯で地下墓地からミイラ17体が見つかったと、エジプト考古省が2017年05月13日に発表した。

首都カイロ(Cairo)南方の同地では「前代未聞」の発見だという。

考古省の発表によると、ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Tuna el-Gebel)地域で、エジプトの考古学チームが地下墓地内の通路を奥へと進んでいったところ、複数の回廊に横たえられていたミイラ、計17体を発見したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/59787

これらのミイラは王家のものではないという。この他に金板1枚、古代エジプトのヒエラティ(Hieratic)の一種で、ギリシャ語から影響を受けた民衆文字「デモティック(Demotic)」で書かれたパピルス2枚、石灰岩や粘土製の石棺が多数に動物や鳥のひつぎなども見つかっている。

ただし、王家の動物や鳥のひつぎと王家のものではない場合では、丁寧さが全く異なる。

「デモティック」文字は、ヒエログラフィ(Hieroglyph)とコプト文字(Coptic)の中間であるヒエラティの一種であることから、かなり限定した場所で、限定期間使われた文字であることから、かなり正確に年代が特定できる。

私の場合は、エジプト学ではなく、文字学なので非常に興味深い。

ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Tuna el-Gebel)の緯度、経度
27°44'18.0"N 30°42'16.0"E
または、
27.738333, 30.704444

2017-05-03---エジプトで、約4000年前の花壇とみられる遺跡を発見!
2017-04-18---古代裁判官の墓から10の棺、ミイラ5体。副葬品1000点発掘。
2017-03-10---3千年前のファラオ像2体、カイロのスラムで発掘。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネパールで20年ぶり地方選挙。 | トップ | ジダン監督は「勝ち続けなけ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む