世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

Visaは、パートナー取引によってIoT支払い市場に期待。

2017-06-19 21:22:54 | モバイル・マネー
Mobile World Liveは2017年06月08日に、支払い巨人の安全なプラットフォームを様々な機器に組み込むために、13の焦点がIoT合わせられた会社が、Visaとの取引にサインしたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60264

ビザ・トークン・サービス・パートナー・プログラム(Visa Token Service partner programme)にサインアップしているメーカーとシステム・インテグレーターは、銀行詳細の広い配布を避けるために使用されたトークンによって支払機関を消費者および産業のIoT機器の範囲に追加できる。

ステートメントにおいて、Visaは、今や、グローバルなパートナーシップが、着用可能なコンタクトレスの支払い専門家FitPay、IT会社Infosysと半導体会社Rambusと締結している。

会社は、PayCraft、MahindraComviva、Digiseq、FOO、Pri-Num、Seglan、HST、Prosa、VeriTran、およびYellowPepperと、単一の領域協定にもサインした。

Visaは、そのサービスGiesecke & Devrient、Gemalto、および安全なその最初の3人のメンバー中の範囲を広げるために、パートナープログラムの入札を2016年10月に乗り出させた。

Visaの場合は、パートナー取引によってわからない部分を解決しているが、それでいいのだろうか?

前もそうだったが、問題が起こると、Visaが分かっていない部分が暴露され、実態が何もないことが明らかになってきた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Plynkは、€2500万の投資を受... | トップ | インドネシアで、外国人受刑... »
最近の画像もっと見る

モバイル・マネー」カテゴリの最新記事