世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

與謝野晶子が「君死にたまふことなかれ」を発表。

2017-01-04 18:50:00 | 戦争と平和
與謝野晶子(与謝野晶子/1878 - 1942)が、日露戦争の最中に。旅順口包圍軍にいた2歳年下の弟籌三郎(1880 - 1944)のことを思った反戦長詩「君死にたまふことなかれ」を『明星』で明治37年9月号で、1904年09月01日に発表した。

http://time-az.com/main/detail/58230

籌三郎は、娘時代より晶子のよき理解者であった。
日露戦争後、無事生還し、晶子の終生まで交流を保ち続けた。

籌三郎は1944年02月25日に亡くなっているので、與謝野晶子より長生きした。

1942-05-29---与謝野晶子が死去した。
1911-09-01---女性文芸誌「青鞜(Seito)」が創刊された。
1878-12-07---与謝野晶子が生まれた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「パイオニア11号」が土星に... | トップ | 女性文芸誌「青鞜(Seito)」が... »
最近の画像もっと見る

戦争と平和」カテゴリの最新記事