世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

作物荒らされた住民、怒ってカバ27頭を「虐殺」

2017-07-15 09:44:32 | 自然
AFPは2017年07月14日に、西アフリカのニジェール西部で、地元住民らが作物を荒らされ、家畜に危害を加えられたとして、少なくとも27頭のカバ(hippo/hippopotamuses)を殺していたことが分かったと、地元当局が2017年07月13日に明らかにしたと報告した。

「虐殺」が起きたアヨル(Ayorou)地区は観光客もよく訪れるエリアだという。

http://time-az.com/main/detail/60592

同地区の首長はAFPの取材に対し、ニジェール川(Niger River)にある島の入植地を中心に「(カバの)虐殺が今年3月に始まり、その後劇的に規模が拡大したとみられる」と話した。

この首長は、軍の部隊が巡回することでカバの虐殺のペースは減じたと明かした一方、アヨルではカバを殺した疑いで約10人が逮捕され、緊張が高まっているという。ただ逮捕者のうち数人は釈放された。

この地域では今年5月、地元の部族長らがカバについて警鐘を鳴らし、カバが作物を荒らし、川を渡るボートの安全を脅かしていると訴えていたという。

ところで、どのようにしてカバを殺したのか?

カバの顎の力はもの凄く、ワニも噛まれるとバラバラにされるので、同じ川に住んでいるカバは襲わない。

ライフルで撃っても、カバの皮は厚いので内臓まで届かない。

ワニより凄い襲い方をした住民は、どのように襲ったのか?
鉈で叩き切ったとしても、かなり命がけになる。

いつもは逃げて回っている住民も、よほど頭にきたのだろう。

どのように殺したか?大きな疑問である。

アヨル(Ayorou)の緯度、経度
14°43'58.1"N 0°54'37.6"E

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | スペインも猛烈な熱波!マドリ... »
最近の画像もっと見る

自然」カテゴリの最新記事