世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

海外からの対中投資、上半期は0.1%減!

2017-07-15 15:50:03 | 経済
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月14日に、中国商務省(中华人民共和国商务部)は2017年07月13日に、上半期(1〜6月)の中国への外資によるFDI(Foreign Direct Investment/直接投資)実行額が、前年同期比0.1%減の4,415億4,000万元(約7兆3,700億円)だったと発表した。

http://time-az.com/main/detail/60598

このうちサービス業への投資が3,099億9,000万元、製造業向け投資が1,286億元で、それぞれ全体の70.2%と29.1%を占めた。製造業向けは前年同期比3%増加した。

投資元では香港、台湾、日本からの投資額がそれぞれ10%増、48.4%増、5.4%増と比較的大きな伸びを示した。

同期に新設された外資企業数は12.3%増の1万5,053社だった。

6月単月の対中FDI実行額は前年同月比2.3%増の1,004億5,000万元で、新規設立の外資企業は14.3%増の2,894社だった。

一方、中国企業の上半期の対外直接投資(金融業を除く)は、前年同期比45.8%減のUS$481億9,000万(約5兆4,500億円)だった。145カ国・地域の3,957社に対して投資した。

習近平政権が掲げる現代版シルクロード戦略「一帯一路」沿線国への投資は47カ国、計US$66億1,000万に上った。対外投資全体に占める割合は13.7%と、前年同期から6ポイント拡大している。

​​​​​​​
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Bitcoinは、一旦底を打ったか? | トップ | タイ国政府観光庁、日本人向... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事