世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

オレンジとWirecardは、スペインのティーンズをターゲットにした。

2017-11-20 15:45:58 | 研究
Mobile World Liveは2017年11月14日に、モバイル支払い財布がティーンエイジャーをめざしたモバイル支払い財布がティーンエイジャーをめざしたフランスのオレンジ(Orange)の「Orange Cash Joven」は、フランスで成功し、続いているスペインで発進したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/62219

焦点が若者に合わされたプラットフォームは、それらの子供のアカウントに資金を預けるために両親がそれらのOrange Cashアプリを用いることを可能にする。

お金はその時「Orange Cash Joven」を通して使える。両親は、また、支出を追跡し、リアルタイムのアップデートを得ることができる。

このサービスは、オレンジとドイツのモバイル支払い会社Wirecardにより発展させられて、2016年10月にフランスに乗り出した。

そのスペインの販売開始を発表したときのステートメントにおいて、会社は、アプリが新しい世代のモバイル支払いに導入し、スマートフォンで購入できるけれども、そうする能力を欠く12-18歳の市場で活用すると言った。

大人は知らないが、子供同士で現金のゆすりたかりが、いじめにつながっている。

そのためにも、子供モバイル・マネー化は、活用できるかもしれない。

親は、ゆすりたかりの子供のために稼いではいない!自分の子供のために稼いでいる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガーナ政府、モバイル・マネ... | トップ | レオパレス21、サービスアパ... »
最近の画像もっと見る

研究」カテゴリの最新記事