世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

日米共同研究機関「放影研」はABCC時代、治療しなかった!

2017-06-18 11:12:31 | 戦争と平和
琉球新報、毎日新聞は2017年06月17日に、原爆による放射線被ばくの影響を追跡調査している広島と長崎の両市にある日米共同研究機関「放射線影響研究所(放影研)」の73歳の理事長丹羽太貫が、2017年06月19日に被爆者を招いて広島市で開く設立70周年の記念式典で、前身である米国主導のABCC(Atomic Bomb Casualty Commission/原爆傷害調査委員会)が治療を原則行わず研究対象として被爆者を扱ったことについて被爆者に謝罪することが分かったと報告した。

つまり、米国主導のABCCは、被爆者を人げとしてではなく、モルモットだと思っていたことになる。

http://time-az.com/main/detail/60241

1947年03月にハリー・S・トルーマン(Harry S. Truman/1884 - 1972)米大統領の指示で広島で研究を始め、翌年長崎でも活動を開始し、1975年に日米共同運営の財団法人「放射線影響研究所」に改組した放射線影響研究所トップが公の場で直接謝罪するのは初めてとみられる。
丹羽理事長は「人を対象に研究する場合は、対象との関係を築くのが鉄則だが、20世紀にはその概念がなかった。我々も被爆者との関係を良くしていかなければいけない。」としている。

ABCCでは被爆者への治療は原則行わず、多くの被爆者の検査データを集めた。
被爆者たちは「強制的に連れてこられ、裸にして写真を撮られた」などと証言した。「モルモット扱いされ、人権を侵害された」と反発心を抱く人が少なくなく、「調査はするが治療はしない」と長く批判を浴びてきた。

丹羽理事長は取材に「オフィシャルには治療せず、多くの人に検査だけやって帰らせていた。被爆者がネガティブな印象を持って当然で、さまざまな書物からもそれははっきりしている。」とし、「おわびを申さなければならない」と語った。

ABCC(Atomic Bomb Casualty Commission/原爆傷害調査委員会)の緯度、経度
34°22'59.0"N 132°28'22.0"E
または、
34.383056, 132.472778

2017-05-06---核兵器廃絶訴える「平和大行進」東京を出発!
1995-09-05---フランスが、ムルロア環礁で地下核実験。
1977-08-03---広島で14年ぶりに原水爆禁止統一世界大会開催。
1968-08-24---フランスが初の水爆実験「カノープス」を行った。
1963-08-05---広島の第9回原水爆禁止世界大会で、社会党系と共産党系に分裂した。
1962-12-07---東京地裁、原爆投下は国際法違反であるが、個人に賠償請求権は無いと判決。
1961-01-24---どのように、米国の水爆による東海岸の誤爆災害は回避されたか。
1957-09-30---東大原子核研究所で、63ccサイクロトロンの試運転に成功。
1957-07-29---国際原子力機関が設立された。
1956-08-10---被団協(日本原水爆被害者団体協議会)を結成。
1956-03-23---写真展「The Family of Man」で長崎原爆被害者の写真を覆い隠した。
1955-08-08---長崎市の平和祈念像の除幕式。
1955-06-07---第1回日本母親大会が開催された。
1954-09-23---第五福竜丸の無線長久保山愛吉が40歳で死去した。
1954-03-01---第五福竜丸が被爆した。
1953-08-08---ソ連が、水素爆弾保有を公表。
1952-10-03---イギリスが、最初の原子爆弾実験を起爆させた。
1952-08-06---朝日新聞社「アサヒグラフ」が原爆写真を初めて特集した。
1952-02-26---イギリス首相であったチャーチルが原爆保有を認めた。
1951-04-05---ローゼンバーグの夫婦に死刑判決が下された。
1951-01-10---物理学者の仁科芳雄が死去した。
1950-02-08---「原爆の図」を発表した。
1945-08-08---長崎に原爆「ファットマン」を投下した。
1945-08-08---広島原市原爆投下から2日後、広島の福山大空襲!地獄か悪魔か?
1945-08-08---トルーマンは国連憲章にサイン。
1945-08-06---広島に世界初の原子爆弾が落とされた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国のイージス駆逐艦、横須... | トップ | 生きた化石、深海の赤ちゃん。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む