世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

「日本は地震予知できぬと認めよ!」

2017-05-18 20:52:07 | 自然
朝日新聞デジタルは2017年5月18日に、「日本政府は地震予知ができないことを認めるべきだ。(Japan must admit it can't predict quakes)」と題した論考が、イギリス科学誌ネイチャー(Nature)で2017年5月18日に発表されたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/59837

東日本大震災から6年を経ても、科学的根拠が乏しい地震予知や長期予測に頼っているとして、防災政策を改めるよう促している。

筆者は米国生まれで、2017年03月で東京大月教授を退職した65歳の地震学者のロバート・ゲラー(Robert James Geller/1952 - )で、1984年に来日して以来、日本の地震研究が地震の予知に偏っていることに疑問を抱いてきた。

論考では、東海地震に備えた大規模地震対策特別措置法(大震法、1978年施行)が、地震の前兆現象の観測を前提にしていることや、南海トラフ地震などの大地震が周期的に起こるという考えに基づき、発生する確率を算出していることについて、いずれも「科学的根拠はない」と指摘している。

一方で、東日本大震災を起こした地震は「想定外」だとして、現在も予知や予測に基づいた政策を続けていることは不適切だと批判した。

ロバート・ゲラーは「政府は国民に正確な直前予知ができないことを伝え、堅実な科学研究に基づいた地震対策をすべきだ。ネイチャー誌も、東日本大震災後に改善の兆しが見られない日本の地震学の状況を憂慮して論評の場を提供してくれたのではないか」と話している。

これは正しい、わたしも東日本大震災の時に、地震予知連絡会を完全に否定し、津波情報もデタラメで高いコンピュータを買うのであれば桐の下駄でも買うべきだと指摘した。

地震予知連絡会は研究費という小遣いを国民の血税から欲しがる集団であるといい続けてきた。

何も役立たない会議を214回も開いている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旭化成が自動車メーカー? | トップ | ロシアや中国抜きのG7が十分... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む