世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

チャールズ・ケッタリングは電気自動スターターの特許を取得。

2016-10-16 15:44:47 | 人物
History Channelは2016年08月17日に、オハイオ州デイトン(Dayton, Ohio)のDELCO(Dayton Engineering Laboratories Company)の共同設立者チャールズF.ケッタリング(Charles F. Kettering)は、1915年。8月17日に、彼の自動車のための最初の電気の発火機器「エンジン始動機器(engine-starting device)」のために米国特許No.1,150,523(U.S. Patent No. 1,150,523)が発行されたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/57282

初期の自動車ドライバーは、車エンジンの内部燃焼プロセスを動かし始めるために、鉄手クランクを使用した。

大きい手とアーム力を必要とすることに加えて、このシステムは一定のリスクなしではできなかった。
もしドライバーが、クランクを回す前に彼の発火を消すことを忘れたなら、その時、最も多くの車がブレーキを全然持っていなかったので、車はバックするか、または前に向かってくるかもしれない。

はっきりと、よりよいシステムが必要で、1911年のキャデラックのヘッドであったヘンリーM.リーランド(Cadillac head Henry M. Leland)は、チャールズ・ケッタリングに開発の仕事を与えた。

他の重要な自動車で関連した革新は、ケッタリングがいた間に開発したのは、速乾性自動車ペイント、点火プラグ、鉛を混ぜられたガソリン、ショックアブソーバー、自動変速機、四輪ブレーキ、ディーゼルエンジン、および安全ガラスであった。

彼は、冷凍フレオン(refrigerant Freon)、冷蔵庫とエアコンの開発を手伝い、ケッタリングはデイトンで、自分の家に、米国で最初のエアコンを使った。

医学の領域では、ケッタリングは未熟児のための性病と孵化器への治療を作成し、1945年に、彼および長期のゼネラルモーターズのヘッドであるアルフレッド P. スローン(General Motors head Alfred P. Sloan)は、ニューヨーク市の癌研究のためにスローン・ケッタリング研究所(the Sloan-Kettering Institute for Cancer Research in New York City)を設立した。

ケッタリングは1958年に死んだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人の家に初めて電灯が灯った。 | トップ | 日本の温泉は、あなたの好き... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む