世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

横浜ゲーリッグ球場で日本初のプロ野球ナイター巨人-中日戦があった。

2016-10-15 21:49:06 | スポーツ
横浜のルー・ゲーリック(Lou Gehrig)球場はアメリカ軍接収下にあったため6基の照明灯が設置され、1948年08月17日に読売巨人軍対中部日本ドラゴンズの試合が20時8分から開催され、プロ野球で初のナイター(和製英語/ナイトゲーム)の試合になった。

http://time-az.com/main/detail/4939

この試合では、3-2で中日が日本職業野球のナイトゲーム初勝利を飾った。

野球の試合でナイターが日本で初めて行われたのは、1933年07月10日に新宿の早稲田球場に夜間照明設備ができ、早稲田大学野球部の一軍と二軍のナイター・ゲームが日本で初めて行われた。

ただし、ルー・ゲーリック球場での日本初のナイターは、1948年06月14日に立教対慶應が開催された。
さらに、横浜のルー・ゲーリック球場初の職業野球公式戦は、1948年07月22日に急映対大陽が行われている。

正式には「ルー・ゲーリック・メモリアル・スタジアム(Lou Gehrig Memorial stadium)」と改称され、内には日本では正式に発売されていなかったコカ・コーラやペプシコーラの看板があり、販売されていたと考えられている。

また、第2次世界大戦中は、1942年9月には球場の使用が停止され、スタンドは「東京捕虜収容所第3分所」となり、日本軍が占領地で捕虜にした連合国軍兵士を収容した。

横浜のルー・ゲーリック(Lou Gehrig)球場跡の緯度、経度
35°26'36.3"N 139°38'24.4"E
または、
35.443428, 139.6401

1986-07-31---ナイター競馬が始まった。
1933-07-10---野球の試合でナイターが日本で初めて行われた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルトンがハドソン川で蒸気... | トップ | 韓国のモバイル支払い額は、5... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む