世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

EU、偽物の8割は中国と指摘!

2017-06-30 23:27:42 | 犯罪と裁判
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年06月30日に、中国商務省の孫継文報道官は2017年06月29日の定例会見で、Europol(European Police Office/ユーロポール/欧州刑事警察機構)とEUIPO(European Union Intellectual Property Office/欧州連合知的財産庁)が最近発表したリポート「EUROPOL – EUIPO 2017 SITUATION REPORT ON COUNTERFEITING AND PIRACY IN THE EU」で「世界の模造品の8割は中国本土と香港から来ている」と指摘したことについて、「無責任な指摘」と反発し、データの真実性、客観性に疑問を呈したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60410

新華社電によると、ユーロポールなどは先ごろ「EUROPOL – EUIPO 2017 SITUATION REPORT ON COUNTERFEITING AND PIRACY IN THE EU(2017年欧州連合(EU)模造品と海賊版の取り締まり状況リポート)」を発表し、その中で「2015年における世界の86%の模造品は中国本土と香港から来た」と指摘した。「模造品はヨーロッパの税収減、失業の増加、正規品の流通の妨げにつながっている」と批判した。

孫報道官は、EUのリポートを批判した上で、中国政府は近年、模造品の取り締まりに力を入れていると説明した。今年1〜4月に全国の税関で輸出時に摘発した偽物は貨物4,600件余りとなり、押収した物品は93万点以上に達したとし、政府の取り組みをアピールした。

しかし、それ以上に増えているということだろう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の習近平国家主席の香港... | トップ | 韓国が、仮想通貨取引で世界... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む