世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

東京法学社(現在の法政大学)が開校。

2017-04-23 23:19:39 | 教育
東京法学校の前身は、フランス法の流れを汲む法律家であった金丸鉄・伊藤修・薩埵正邦・橋本胖三郎・堀田正忠・大原鎌三郎・元田直の7名によって設立され、1880年(明治13年)4月に開設すた東京法学社である。

http://time-az.com/main/detail/59531

それは、「教師を聘し、専ら我国の新法を講じ、又仏国法律を講義す」る講法局と「上告、控訴、初審の詞訟代言を務め、又代言生を陶冶す」る代言局で構成されていた。

つまり、学内に弁護士事務所を置いて学生に弁護士業務を体験させるリーガル・クリニックを備えた現代の法科大学院の原型と言えるものである。しかし、1880年05月に現在の弁護士法に当たる「代言人規則」が改正され、代言人組合以外に「私に社を結び号を設けて営業を為す」ことが禁止されたため、代言局での実務教育は続行できなくなった。

そのため、東京法学社は講義中心の通常の法律学校としての性格を強め、薩埵が中心となって1880年09月12日(明治13年09月12日)に「開校」した。

翌1881年05月(明治14年05月)には講法局が独立して「東京法学校」と改称した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食品のコールドチェーン第一... | トップ | レバノンで、「花嫁衣装」を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む