世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

創造的プロジェクト「Adrift」の宇宙ゴミで作られた音楽。

2016-11-20 11:10:26 | 音楽
AFPは2016年11月19日に、イギリスの科学者とアーティストによる「宇宙ごみ(スペースデブリ/space debris)」問題啓発プロジェクトが2016年11月18日に、ロンドン(London)の王立天文学会(Royal Astronomical Society)で立ち上げられたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/57706

追跡可能な2万7000個の宇宙ごみに光を当てるためのアーティストと研究者による創造的プロジェクト「Adrift(漂流中)」は、映画、音、ソーシャルメディアなどを用いて宇宙ごみの危険性を探る。

立ち上げを支援してきたイギリスのサウサンプトン大学(University of Southampton)航空宇宙学科長のヒュー・ルイス(Hugh Lewis)は「宇宙ごみ問題への対処は人類にとって最大の環境課題の一つだが、おそらく最も知られていない課題の一つでもある。」と語り、地球の衛星軌道上を周回する大量の宇宙ごみが、将来の宇宙探査に深刻な脅威をもたらすと述べた。

宇宙ごみは、旧ソ連による人類初の人工衛星「スプートニク(Sputnik)1号」の打ち上げ以来、数多く実施されてきたミッションの際に出たものである。

全部で約1億個あると考えられているが、小さすぎて把握できないものもある。

イギリスアカデミー賞(British Academy Film Awards)受賞作曲家でサウンドアーティストのニック・ライアン(Nick Ryan)は、宇宙ごみを象徴する物体(それ自体は無音)を使って1000種類の音を録音。それらの音を使って宇宙からの生音データを再現した。

2016-08-17---東レの炭素素材、宇宙へ!
2016-01-02---ベトナム北部に謎の球体が落下。
2015-11-20---ISSのEarthKAMで捉えた北西のオーストラリア。
2014-08-27---宇宙軌道の不要な宇宙ゴミを追跡するレーザー・システムの開発。
2014-05-19---小さなKickSat Sprite衛星は、軌道へ便乗。
2013-10-18---ESAの観測衛星「GOCE」、数週間以内に地球に落下!?
2012-11-09---「惑星間のインターネット」テストを実施!
2012-08-07---宇宙船打ち上げロケット残骸は、健康に有害!?
2012-03-24---ISSの乗組員は宇宙ごみ警戒で、脱出カプセルに逃げ込んだ!
2012-02-15---世界初の「宇宙のごみ掃除衛星」を開発。
2012-02-03---1月29日からの1週間で、みんなが見逃したかもしれないニュース・トップ10。
2011-09-26---NASAは、宇宙でインターネット・アクセスを望んでいる。
2011-06-28---国際宇宙ステーションに宇宙の粗大ゴミ大接近!
2010-07-23---国際宇宙ステーションに、中国が破壊した衛星の破片が接近!
2010-03-09---NASA、衛星コミュニケーションのインタラクティブ・シミュレーションを公開。
2010-02-25---新しい世代の巨大遠距離宇宙通信網アンテナ建設に向けて!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レーニン肖像画の裏に、ロシ... | トップ | 衆議院で大日本帝国憲法改正... »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事