世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

抗てんかん薬が、新生児の先天性異常の原因!?

2017-04-20 23:05:16 | 健康
AFPは2017年04月20日に、フランスで抗てんかん薬として1967年からフランスで市販されているバルプロエート(valproate)が、これまでに国内の新生児2150人〜4100人の「深刻な先天性異常」の原因となっていたことがフランス保健当局の予備調査で明らかになったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/59494

ANSM(Agence nationale de sécurité du médicament et des produits de santé/仏医薬品・保健製品安全庁)とCNAMTS(Caisse Nationale de l’Assurance Maladie des Travailleurs Salariés/国民健康保険当局)が共同で発表した報告書によると、てんかん治療のため妊娠中にバルプロエートを服用した女性が先天性異常のある赤ちゃんを出産する可能性は、服用しなかった女性に比べて4倍高いという。

日本は、大丈夫?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国政府、「朝鮮半島へ向か... | トップ | バンクシーのストリートアー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む