世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

古代裁判官の墓から10の棺、ミイラ5体。副葬品1000点発掘。

2017-04-20 14:56:06 | 超過去
毎日新聞、ArtDailyは2017年04月19日に、エジプト南部ルクソール(Luxor)で、古代エジプト第18王朝(18th Dynasty/紀元前16〜13世紀)の裁判官のものとみられる墓が見つかったと古代遺跡省(the antiquities ministry)が発表したと、電子版政府系新聞アルアハラム(al-Ahram/الأهرام)などが2017年04月18日伝えたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/59484

10の棺と、8体のミイラ、小さな人形など1000点超の副葬品があり、考古省は「重要な発見」と意義を強調した。

エジプトでは2017年03月にも首都カイロの住宅街で古代のファラオ(王)の巨像が発見された。
2011年の民主化要求運動「アラブの春」以降の政治混乱やテロの影響で観光客が減る中、カレデ・エル-イナニ考古相(Antiquities Minister Khaled el-Enany)は「発見が観光産業活性化につながってほしい。」と話している。

発見場所はツタンカーメン王の墓で有名な観光地「王家の谷」に近イデゥラア・アブル・ナガア大墓地(the Draa Abul Nagaa necropolis near the famed Valley of the Kings)であった。ウセルハト(Userhat)という名の裁判官のものらしい。1000点以上の人形は、死後の世界で死者と働く者と考えられた「ウシャブティ(Ushabti/小さな彫像)」で、これだけ大量の発見は珍しいという。

古代遺跡省のためのスポークスウーマンであるナビネール-アレフ(Nevineel-Aref)はサイトで、「将来に新しいミイラが発見できる証拠と跡がある。」と言った。

実は、今殺し合いが行われているクルド族が住む地域やシリアにも巨石文化があり、観光客が呼び込めれば、大きな観光産業になる。

「王家の谷」の緯度、経度
25°43'39.58"N, 32°35'33.06"E
または、
25.727661, 32.592517

2017-03-10---3千年前のファラオ像2体、カイロのスラムで発掘。
2016-05-08---ツタンカーメン王の墓の「隠し部屋」、専門家ら異議!
2016-03-17---ツタンカーメンの墓が、複数の秘密の室を持っている。
2015-11-28---ツタンカーメン王の金マスクは、ネフェルティティのために作られた!?
2015-01-21---ツタンカーメンのあごひげはエポキシ樹脂で接着。
2013-11-11---ツタンカーメン王のミイラは、自然発火で燃えていた。
2013-02-09---ネフェルティティの素顔?
2013-02-03---ツタンカーメンの顔 ?
2011-04-17---ツタンカーメンのトランペット「Tut's toot」!
2010-11-10---ツタンカーメン王の副葬品、エジプトに返還。
2010-02-16---ツタンカーメン王は近親相姦で生まれ、マラリアで死亡。
2010-01-31---ツタンカーメンのDNA鑑定結果、2010年2月17日に発表予定。
2009-12-20---エジプト、ネフェルティティ像の返還を正式要求!
1923-02-16---カーターが「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の埋葬室を開けた。
1922-11-26---「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の墓の中を世界で最初に見た。
1922-11-04---「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の王墓発見。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀の審議委員人事で、三菱... | トップ | 「聖子ちゃんカット」生みの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む