世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

マライア・キャリーの悲惨な年越しパフォーマンス。

2017-01-03 12:01:22 | 音楽
AFPは2017年01月02日に、米国ニューヨーク(New York)のタイムズスクエア(Times Square)で大みそかの夜に行われた恒例のカウントダウンイベントで、大物ゲストとして登場した46歳の歌手マライア・キャリー(Mariah Carey)が、音響トラブルにより歌が歌えず、全米の視聴者が見守る中で辛酸をなめさせられる一幕があったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/58214

大みそかから元旦にかけて行われたイベント「ディック・クラーク・ニュー・イヤーズ・ロッキン・イブ(Dick Clark's New Year's Rockin' Eve)」で司会のライアン・シークレスト(Ryan Seacrest)に紹介されたマライア・キャリーは、「マライア・キャリー 2016年最後のビッグ・パフォーマンス」と銘打たれた意気揚々とステージへ向かった。

しかし、大ヒット曲「エモーションズ(Emotions)」の冒頭から音響トラブルが発生した。

マライアは「明けましておめでとう。聞こえないわ」と言うと、明らかに当惑した様子で立ち尽くした。

Twitterには、このマライアの悲惨なステージをからかう投稿が相次いだ。

当のマライアも2017年01月01日に、Twitterに「しかめ面」の絵文字と一緒に「Shit happens(いまいましいことは起きるものね)」と投稿。それでも「Have a happy and healthy new year everybody! Here's to making more headlines in 2017(皆さんにとって幸せで健康な1年でありますように! 2017年はもっと話題を提供するわ)」とけなげに書きつづった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラク首都で自爆攻撃、少な... | トップ | 米国のハリウッド看板がハッ... »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事