世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ドイツ政府、ポルシェ「カイエン」リコール指示!

2017-07-29 16:48:40 | 犯罪と裁判
日本経済新聞 電子版は2017年07月28日に、ドイツのアレキサンダー・ドブリント(Alexander Dobrindt)運輸相(Bundesminister für Verkehr und digitale Infrastruktur)は2017年07月27日に、ドイツのカーメーカーで有名なポルシェ(Porsche)のSUV(Sport Utility Vehicl/多目的スポーツ車)「カイエン(Cayenne)」が違法な排ガス制御ソフトを載せているとして、リコール(回収・無償修理)を指示した。

http://time-az.com/main/detail/60780

ヨーロッパの排気量3リットルのディーゼルエンジン車で、対象は2万2千台。対策が講じられるまで新規登録することも禁止した。

新規登録できるまで、ポルシェ・ソーセージを作ろう!

運輸相が指示したリコールは強制力を持つもので、ドイツのダイムラーが2017年07月18日に打ち出した自主的な無償修理とは意味合いが異なる。

対象となったエンジンは、排ガス試験時にだけ有害物質を抑える装置が働くソフトウエアを搭載しており、完全に違法だった。

ポルシェは搭載エンジンをドイツのアウディ(Audi)から供給を受けており、同じエンジンを載せるアウディやVW(VolksWagenフォルクスワーゲン)の車種もリコール対象になるとみられる。

しかし、私が知っているポルシェは、こんな車ではなかった!

先日、止まっていたポルシェを見て、大衆車になってしまったとがっかりした!

素人には乗りこなせないポルシェはどこへ行った!

私は、上り坂のT差路で、信号待ちをして、もう少しで真正面に突っ込みそうだった!
ケツを振りながら、タイヤを鳴らして、黒い煙を出しながら左折した!
あれがスポーツカーである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アップル、iPod「ナノ」「シ... | トップ | 朝鮮戦争で、国連軍が仁川に... »
最近の画像もっと見る

犯罪と裁判」カテゴリの最新記事