世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

チュニジアで、運転士が桃を買うため、列車を停止した。

2017-06-18 23:40:58 | 食品
AFPは2017年06月18日に、北アフリカのチュニジア(Republic of Tunisia)で、走行中の列車の運転士が桃を買うために列車を停止させたとされる動画がネットに投稿され、当局が調査に乗り出す事態となっていると報告した。

http://time-az.com/main/detail/60252

短い動画は、同国東部サヘル(Sahel)地方を走行していた列車の車内から撮影されたものとみられると伝えている。

線路の端に果物が入れられた木箱が置かれ、行商人が列車によじ登って果物が入ったプラスチック袋を誰かに手渡している。

チュニジア国鉄の幹部は2017年06月16日に、動画に映し出された出来事は「単発的な事例」としたうえで、調査を開始したことを明らかにし、しかるべき行政措置をとると地元ラジオに語った。

これいけないこと?

私は、シシリーで列車に乗っていて、腹が減ったので運転手に、「腹が減った。」と行ったら、ここらにレストランはないと言われ、「マンジャーレ」と言ったら、列車を止めて、運転士が出かけてしまった。

30分くらいしたら、トマトの入ったカゴと、花の入ったカゴをぶら下げて帰ってきた。

私に、トマトを手渡し、乗車していた女性に花を配り、列車が動き出した。

その時私は、列車の運転士が悪いことをしたと思わなかった!

私は食べきれなかったので、一緒に乗っている人にもおすそ分けした。

全員、旨いと行っていた。

5年前には、インドでも起こっている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スペインの人気闘牛士、牛に... | トップ | ポルトガルの森林火災で、57... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む