世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

逓信省のマークが、「丁」に決定した。

2017-02-09 10:33:56 | アート
後の郵政省、現在の日本郵政グループ逓信省のマークが1887年02月08日(明治2002月08日)に、甲乙丙丁の「丁」に決定し、逓信省が徽章として考案・発表した。

しかし、万国共通の郵便料金不足の記号「T」と紛らわしいことがわかり、6日後の1887(明治20)年02月14日に、「テイシンショウ」の「テ」を図案化した「〒」の誤字だったことにして変更したといわれておるが、他の説もある。

http://time-az.com/main/detail/58641

ただし、私が昔、NTTデータで「情報通信年表」を作るために東京駅に近かった逓信博物館に行った時は、この説であった。

「〒」は、日本工業規格(JIS)で「郵便記号」となっている。Unicodeでは、U+3012。
「〠」は、「郵便マーク」で、Unicodeでは、U+3020である。

1871年06月07日(明治04年04月20日)に日本の郵便事業が始まったとき、特に定められた徽章はなく、「郵便」の文字だけであった。

1877年(明治10年)ころから、「日の丸」的な徽章として、大きな赤丸に太い横線を重ねた赤い「丸に一引き」が郵便配達員の制帽・制服・郵便旗などの郵便マークとして用いられ始めたとされている。

1884年06月23日(明治17年06月23日)太政官布達第15号で、正式に「郵便徽章」と定められた。
郵便等の所管官庁として逓信省が創設されるのは、その翌年、内閣創設に際して、農商務省から駅逓局と管船局を、工部省から電信局と燈台局を承継して1885年12月22日(明治18年12月22日)に発足している。
その後にでてきたのが、「丁」、そして「〒」であった。

ところが、日刊ゲンダイは2015年06月21日に、マス目が印刷されていないハガキや封筒に郵便番号を記入する際、自分で「〒◯◯◯-◯◯◯◯」と書いている人も多いのでは?

日本郵便㈱広報担当者によると、「郵便記号(〒)は必要ありません。内国郵便約款に記載されています。」と言う。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マツコ・デラックスが、閉塞... | トップ | シリア法務省が。1万3000人絞... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む