世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

古生物の巨大七面鳥は、飛ぶこともできた。

2017-06-16 10:58:24 | 超過去
AFPは2017年06月15日に、オーストラリアにはかつて、カンガルーほどの大きさの飛ぶことのできる七面鳥に似た鳥が生息していたと、古生物学者らが2017年06月14日に、発表した。

今回の研究では、広い範囲から見つかった化石や骨を分析し、既に絶滅した鳥類5種を新たに同定したという。

http://time-az.com/main/detail/60216

サウスオーストラリア(South Australia)州にあるフリンダース大学(Flinders University)の研究チームは、新たに見つかったこの鳥類について、現存するクサムラツカツクリ(Leipoa ocellata/草叢塚造/malleefowl)やヤブツカツクリ(Alectura lathami/藪塚造/Australian brushturkey/Australian brush-turkey)の近縁種にあたるとしている。

160万〜1万年前の更新世のオーストラリアには、ツカツクリ科の鳥類をはじめ、ディプロトドン(Diprotodon)やティラコレオ(Thylacoleo)、ショートフェイスカンガルー(procoptodo/プロコプトドン)といった大きな体を持つ動物が生息していたとされる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゾンのダム新設で「大規... | トップ | Facebook、交渉し、妥協もで... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む