世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

陪審は、「Back to the Future」の車を作った男の麻薬犯罪を否定。

2016-10-11 10:30:08 | 人物
History Channelは2016年08月16日に、30時間近く熟考した後に、6人の男性と6人の女性の陪審は1984年08月16日に、カリフォルニア州ロサンゼルス(Los Angeles, California)で、元自動車メーカーのジョンZ.デロリアン(John Z. DeLorean)に嫌疑がかけられた8つの麻薬取引について、満場一致で無罪にしたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/57218

デトロイトネイティブの自動車製造労働者デロリアンの息子は、1952年にエンジニアとしてパッカード・モーター会社(Packard Motor Company)に勤めはじめた。

彼はパッカードで1956年まで働いたの後で、GM(General Motors/ゼネラルモーターズ)で迅速に移った。

GMで彼は、1972年に副社長になる前に、最初の「筋肉車」ポンティアックGTO(Pontiac GTO, the first “muscle car.”)とシボレー(Chevrolet)部門を管理した。

彼は、ジェットに設定されたライフスタイルという閃光のように暮らしていた革新的な企業の異端者として知られた。

1973年に、彼はGMを辞任し、1975年に、デロリアンは、結局、彼自身の会社デロリアンモーター会社(DeLorean Motor Company)を設立し、高性能で未来的であるけれども静かで経済的なスポーツカーを築くことが、彼の夢に続いていることをGMに任せた。

ジョニー・カーソン(Johnny Carson)やサミー・デイビス Jr.(Sammy Davis, Jr.)などの有名人投資者だけでなく、イギリス政府からの資金によって、デロリアンは、彼の名祖の夢の車を製造するために、1978年に北アイルランドのベルファスト(Belfast in Northern Ireland)の近くで彼の車工場を開いた。
それは、正式名が「DMC-12」であるけれどもしばしば単にデロリアンを呼んだ、上方に開いた角張ったステンレススチールボディ、後ろ設置されたエンジン、および際立っている「ガルウィング型」のドア(“gull-wing” doors)を持っていた。

生産費が急騰し、「DMC-12」値札に、平均的な車がちょうどUS$10,000であった時にUS$25,000を超えさせた後に、販売で会社を浮遊中にしておくために不十分であった。

疑われている金融の不規則性の調査に続き、イギリス政府は、1982年10月19日に、デロリアンモーター会社を閉じることを発表した。

次の15年の間、ちょうど彼は、倒産したオ自動車会社と関連する約40の法律の裁判と戦った時に、彼の夢の車デロリアンが、ハリウッドスターの三部作の映画「Back to the Future」で、Time Machineとして出るのを見た。

彼は1999年に破産を宣言し、2005年に80歳でで死んだ。

いかにも、アメリカ!持ち上げられるだけ持ち上げ、足元の砂を掘られ、潰される!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国で住居ビル4棟が突然崩壊。 | トップ | 野球選手ベーブ・ルースが死... »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事