世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ホワイトハウス内の「映画館」。

2017-05-14 15:45:43 | アート
AFPは2017年05月13日に、米国のホワイトハウス(White House)の中にある映画上映室がメラニア夫人が主導で一般公開されることになったと報告した。

当時のワイト・アイゼンハワー(Dwight Eisenhower)大統領がよく西部劇をこっそり観賞し、当時のジミー・カーター(Jimmy Carter)大統領が映画『大統領の陰謀(All the President's Men)』を見た部屋である。

http://time-az.com/main/detail/59781

実は、Webサイト「ホワイトハウス博物館(White House Museum)」には、ホワイトハウス(White House)の中にある映画上映室(Family Theater)の詳しい情報がある。

この上映室は1942年に当時のフランクリン・デラノ・ルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt)大統領が広いクロークルームを改装したもので、今回、大統領の私的な「映画館」の公開を決めたのは、メラニア・トランプ(Melania Trump)夫人だった。

「ホワイトハウスはこの国の人々のものです」「ホワイトハウスを訪れて見学する皆さんには、ここの豊かな歴史と素晴らしい伝統にできるだけ多く接してほしいと思います。皆さんがこの新しい見学場所を心から楽しんでくれることを願っています。」と、メラニア夫人は言った。

大の映画ファンだったジミー・カーターは、週に2、3回はここで観賞会を開いていた。在任中にここで見た映画の本数は480本。歴代大統領の中で最も多い。

上映室はホワイトハウスの東棟にある。東棟の地下には第2次世界大戦(World War II)中にルーズベルト大統領が造った防空壕(ごう)もある。

ホワイトハウスで初めて上映された映画は、1915年公開の『国民の創生(The Birth of a Nation)』。南北戦争を描いた作品で、白人至上主義団体「KKK(Ku Klux Klan/クー・クラックス・クラン)」を美化しているとして物議を醸した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボコ・ハラムに拉致され、解... | トップ | イギリスの肖像と風景画家ト... »
最近の画像もっと見る

アート」カテゴリの最新記事