世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

Edselは、ついにショールームに到着!

2017-01-30 20:57:37 | 経済
History Channelは2016年09月04日に、「E-Day(戦勝記念日)」の1957年09月04日に広告キャンペーンで、フォードモーターがエドセル(Edsel)を初公開した。

http://time-az.com/main/detail/58533

1938年以来、車のビッグ3会社のうちの1つにより作り出された最初の新しい自動車ブランドであった。

多くの人々はそれを「フォード・エドセル(Ford Edsel)」と呼ぶけれども、実のところ、エドセルはリンカーン(Lincoln)またはマーキュリー(Mercury)のように独特の部門であった。
1300の独立なエドセルディーラーが販売用の4つのモデルを提供した。
より小さいPacerとレンジャー(Ranger)およびより大きいCitationとCorsair。

多くの人々に、エドセルは企業の傲慢のシンボルとして最悪であった。それは、過度に売り込まれ(over-hyped)、過度なサイズ(over-sized)、過度な怪獣的デザイン(over-designed monstrosity)であった。

他の人々は、車が単に悪いタイミングの犠牲者であったと信じる。

人々は大きく、けばけばしい垂直安定板車をもう望まなかった。彼らは代わりに、小さく、効率的なものを望んだ。

エドセルはまさにけばけばしく、買手に休止を与えるために十分に高価であった。

1960モデル年の後に、会社は折り畳んだ。

こんなのを作っているから、売れなくなる!

こんなのをどこで乗るだ!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南軍の騎兵隊長ダージョン・... | トップ | 中国モバイル・マネー・プロ... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事