世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

RIAA、著作権侵害のmp3分配者を訴えはじめた。

2017-03-07 15:22:29 | 犯罪と裁判
History Channelは2016年09月08日に、RIAA(Recording Industry Association of America/アメリカレコード工業協会)の代表ケアリー・シャーマン(Cary Sherman)は2003年09月08日に、「誰も用心棒を演ずることが好きでありません。しかし、製品が規則的に盗まれている時には、適切な行動を取る必要がある。どの時が来た。(Nobody likes playing the heavy and having to resort to litigation,but when your product is being regularly stolen, there comes a time when you have to take appropriate action.)」と言った。

http://time-az.com/main/detail/58951
RIAA
MP3
Napster
NapsterやGnutellaは「悪魔」で「救世主」?
Napsterに代わるサービス

その問題の製品は音楽であった。デジタルmp3というフォーマットの音楽は、著作権法違反においてインターネット・ファイル共有アプリケーションのユーザーの間でファイルを送ることができる。

そして、以前に、デジタルの音楽海賊行為(digital music piracy)に呼応した「適切な行動(appropriate action)」というRIAAの考えでインターネット・ファイル共有システムのオペレータを閉鎖する努力を意味していた間、産業グループは2003年09月08日に新しく、論争の戦略を発表した。それらのシステムの個々のそれらのうちの何人かの子供ユーザーに対する訴訟で提訴した。

あなたがそれをする時に、あなたは、「長い間私達は、著作権により保護された音楽をファイル共有することは匿名ではなく、違法である。そして、それに従わないことは本当の結果を持つことができると長い間人々に話してきました。(We’ve been telling people for a long time that file-sharing copyrighted music is illegal, that you are not anonymous when you do it, and that engaging in it can have real consequences,)」と、ケアリー・シャーマンは、RIAAの新しい強制戦略を発表する時に言った。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東芝、東証2部降格が秒読み!... | トップ | 三越伊勢丹HD、正式に大西社... »
最近の画像もっと見る

犯罪と裁判」カテゴリの最新記事