世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

航空機墜落事故のシャペコエンセが、バルサと対戦!

2017-08-09 15:18:04 | スポーツ
AFPは2017年08月08日に、サッカー第52回ジョアン・ガンペール杯(52nd Joan Gamper Trophy)が2017年08月07日に行われ、2016年11月の航空機墜落事故で選手19人と関係者24人を失ったカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のシャペコエンセ(Chapecoense)が、スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)と対戦したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60914

試合はシャペコエンセが0-5で敗れた。しかし、バルセロナの本拠地カンプ・ノウ(Camp Nou)で行われた一戦では、事故で生き残った3選手の一人であるアラン・ルシェウ(Alan Ruschel)がキャプテンマークを巻いてピッチに復帰した。

シャペコエンセのメンバーを乗せた航空機は2016年11月、アトレティコ・ナシオナル(Atletico Nacional)とのコパ・スダメリカーナ(2016 Copa Sudamericana)決勝へ向かう途中、コロンビアの山岳地帯で墜落。計71人が命を落とした。

ルシェウと共に奇跡的に助かったジャクソン・フォルマン(Jakson Follmann)とサンピエル・ネト(Helio Hermito Zampier Neto)はこの日、6万5000人の観客が集まったスタジアムでキックオフを行うと、涙を抑えきれなかった。

試合終了後には、この日マッチアップしたリオネル・メッシ(Lionel Messi)とユニホームの交換も果たしたルシェウはまた「一度も想像しなかったようなスタジアムで、バルセロナと対戦するためにスペインにいるなんて、自分は幸運だと思う」と続けた。

これまでにも、航空機の墜落事故で、チームが崩壊した例はある。
「スペルガの悲劇(Tragedia di Superga)」と呼ばれ、今までで最もすごいスポーツ災害の1つとして知られている。

2016-11-29---コロンビアで墜落したチャーター機に、メッシも乗っていた!
2016-11-28---ブラジルのサッカーチームが搭乗していた航空機墜落!
2016-01-03---民間航空機で、2年間に約900人以上が殺された。
2011-11-26---トーゴのトップ・サッカー選手6人がバス事故で死亡!
1949-05-04---イタリアのサッカーチームが航空機墜落事故に遭遇した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国で、スマホ決済「2強」が... | トップ | 中国最古の交易路「茶馬古道」 »
最近の画像もっと見る

スポーツ」カテゴリの最新記事