世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

米国では、自動運転車の技術を得ようと人材引き抜きや企業買収が相次ぐ!?

2017-03-21 10:21:02 | 未来
毎日新聞は2017年03月20日に、米国では市場拡大が見込まれる自動運転車の先端技術を得ようと、人材引き抜きや企業買収が相次いでおり、これにまつわる訴訟は開発競争の激化を浮き彫りにしていると報告した。

ないものは盗んでくるか誘拐するというのでは、中国の技術開発を非難できない。

http://time-az.com/main/detail/59108

開発思想が、ひもじ過ぎる。

米国のGoogleの子会社が、自動運転車開発を競う米配車サービス大手Uberテクノロジーズに対し、「企業秘密を盗まれた」として訴訟を起こす騒ぎになっている。元幹部が秘密の開発情報をUberに持ち込んだとして損害賠償や特許侵害の差し止めを求めた。

ただし、訴えて、その技術の価値を上げ、株式の上昇を期待するビジネスまでアメリカにはあるという。

まず、訴えるだけの価値のある技術かどうかを評価する必要がある。
ところが、その技術は秘密となると、黙阿弥である。

裁判は2017年02月に連邦地裁に起こしたが、WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)によると、ウェイモは2017年03月に入って、Uberによる自動運転車開発の差し止めも、地裁に求めたと毎日新聞は2017年3月20日に報告した。

それは行き過ぎで、企業に方針にまで他社が口を出すべきではない。

一方、Uberは毎日新聞の取材に「競争相手(の開発)を減速させる根拠のない企てだ」と述べ、法廷で争う方針。両者の対立は深まるばかりだ。

それは当然である。

実際に実用的なのは、実用市場を持ているUberである。
Waymoには、実用市場がない。

また、Googleも多くもから技術を買い、人を買っている。

米国のメディアによると、電気自動車メーカーのテスラも2017年01月に、運転支援技術の元担当者が退職後に会社を設立し、「契約に反して別の職員を引き抜こうとした。」として裁判を起こすなど、競争激化に伴い、トラブルが法廷に持ち込まれるケースが増えている。

米国では、入社する時に守秘義務を課すことが多いと聞くが、実態はその管理は曖昧になっているにではないだろうか?先日も書いたが、Googleの検索を退職者が持ち出して、SEOを開発し、日本のGoogle幹部が昔の知り合いとして褒めている。これは日本のGoogle幹部が守秘義務違反を公認し、賞賛しているので、通常なら懲戒処分であり、両者を訴えると思ったが、その全てがもみ消されている。

その技術をJust Systemが採用している。
この流れから、ATOKをUninstallして排除した。

2017-02-23---Googleの持ち株会社アルファベット、Uberを窃盗で提訴。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川辺で練習中のサッカー選手... | トップ | 日本はまだ、やっとクレジッ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む