世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

「キリストの墓」が、2世紀ぶりに修復作業のため、開けられる。

2016-10-31 10:08:02 | 宗教
AFPは2016年10月30日に、エルサレム(Jerusalem)旧市街の聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)にある「キリストの墓」が、修復作業の専門家によって少なくとも2世紀ぶりに開かれたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/57462

AFPのカメラマン、ガリ・ティボン(Gali Tibbon)は修復作業の一部に立ち合い、紀元後33年頃にキリストの遺体が安置されたとされる岩窟の上に建てられたこの教会で撮影を行った。

現場の専門家らがAFPに語ったところによると、修復作業と考古学調査の一環で、キリスト教の聖地であるこの場所の大理石の厚板を3日間にわたって取り外した状態にした。

教会関係者によると、厚板を動かしたのは、火災を受けて以前に行われた前回、1810年の修復作業以来という。

ただし、復活したので何も残っていない。

聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)の緯度、経度
31°46'42.4"N 35°13'47.1"E
または、
31.778444, 35.22975

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイス国鉄、券売機でBitcoin... | トップ | イタリア中部でまた、M6.6の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む