世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

日本で苦しんでいる東芝が、インドから飛び立つ!

2017-03-21 14:58:38 | 調査
The Economic Timesは2017年03月21日に、日本で苦しんでいる東芝が、『インドで作り』『インドから輸出する。』ことを約束した。

http://time-az.com/main/detail/59111

東芝は2016年に、インドのTTDS(Toshiba Transmission & Distribution Systems)社に、30億円を投資していた。

そして、それを生かして、インドで作り、インドでから世界に飛び立つことを約束した。

TTDSは、世界のエネルギー環境を構築する!世界の鉄道を構築する!世界の通信環境を構築する!

それだけの能力がある組織が、「FOR THE NEXTINDIA」として、次世代のインドのため、日本のハイテク技術と共に、インドから再出発する!

東芝が、インドから立ち直る!

東芝の詐欺か!、嘘か!、出鱈目か!、それともすべて真実か!

私は昔から、アフリカを責めるなら、バスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama/C1460 - 1524)がヨーロッパからインドに来たコースの逆が、最高のソリューションである。

インドから、アフリカ、その先のヨーロッパ。さらにアメリカ。
多くの人たちは北半球を中心に考えるが、インドとアフリカは南半球では、隣国である。さらに、アフリカと南米は隣国である。その先にニュージーランドと、オーストラリアがある。

多くのビジネスマンは、南半球に視野がない!

未開発の市場が、そこにあった!

インドが変われば、世界が変わる!

そこに、Mr. Katsutoshi Toda
CMD, Toshiba Transmission & Distribution Systems (India) Pvt. Ltdが、動き出した!
インドに、本格的な東芝のハイテクを組み込むとどう変化するかを実現しようとしている。

日本は、苦しめば、苦しむほど、新しいエネルギーが爆発する!

世界の東芝から、5人の侍が、荒野の原野に出て行った!

中国は、すべてを独自でやろうとした!
インドは、苦しんでいる東芝を土台に置いた!

ナレンドラ・モディ首相は、渡りの船に世界最高級の東芝を選んだ!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FBI長官コミー、ロシアとトラ... | トップ | 世界の富豪で、日本人トップ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む