世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

イギリス軍は、ロングアイランドに上陸。ニューヨーク市を占領!

2016-11-08 11:00:51 | 戦争と平和
History Channelは2016年08月22日に、1人のオブザーバーによると、1776年08月22日に、イギリスは、「瞬間に上陸する用意ができている2万4000人近くの人」が、ロングアイランド(Long Island)のグレーブゼンド(Gravesend)とニュー・ユトレヒト(New Utrecht)の間に到着した。

http://time-az.com/main/detail/57556

将軍ウィリアム・ハウ(General William Howe)は大きい軍隊で、勝利し、反抗的な植民地を半分に分割し、ニューヨーク市とハドソン川(Hudson River)の利益コントロールを捕らえることを望んで、ロングアイランドに来た。

将軍ウィリアム・ハウ(General William Howe)は大きい軍隊で、勝利し、反抗的な植民地を半分に分割し、ニューヨーク市とハドソン川(Hudson River)の利益コントロールを捕らえることを望んで、ロングアイランドに来た。

5日後の1776年08月27日に、イギリス軍はブルック・リンハイツでパトリオット砦(Patriot position at Brooklyn Heights)に行進し、ゴワヌス・パス(Gowanus Pass)でアメリカ人を打ち負かし、それから、全体の大陸軍を側面から包囲した。

戦いの間にイギリスはほんの400人の損失に対し、アメリカは1,000人の死傷者数を被った。

1776年09月11日、ベンジャミン・フランクリン(Benjamin Franklin)、ジョン・アダムズ(ohn Adams)、および他の議会の担当者は、それについてスタテン島(Staten Island)でハウ兄弟との交渉を再開。

イギリスが、アメリカの独立を受け入れることを断った時に、交渉は失敗に終わった。

イギリスは1776年09月15日にニューヨーク市を占領し、それは戦争の終わりまでイギリスの手にとどまる。

1776年のHowes Mapは、イギリスがロングアイランドの戦い(Battle of Long Island)で、ニューヨーク市を占領を表している。

グレーブゼンド(Gravesend)の緯度、経度
40°35'53.5"N 73°58'13.8"W
または、
40.5982, -73.9705

ニュー・ユトレヒト(New Utrecht)の緯度、経度
40°36'36.0"N 74°00'12.0"W
または、
40.61, -74.003333

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポケモンGOの仕様変更で、運... | トップ | 米国は最初のアメリカズ・カ... »
最近の画像もっと見る

戦争と平和」カテゴリの最新記事