世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

MTGOX社長効果か?再度大暴落!

2017-07-12 14:15:36 | モバイル・マネー
インターネット上で仮想通貨Bitcoins(ビットコイン)が大量に消失したとされる事件で、業務上横領などの罪に問われた破産手続き中であるコイン取引所「MTGOX(マウントゴックス)」の運営会社社長で、フランス国籍の32歳のマルク・カルプレス(Mark Karpeles)被告の初公判が始まると、見る見るうちにBitcoinの価格が下落し、2017年07月12日午前11時15分から19分には、26万を割り込み、25万9044を記録した。

これは2017年06月15日の25万4,925に次ぐ低さであった。

まるで、マルク・カルプレスの無罪主張に逆上したようである。

http://time-az.com/main/detail/60553

マルク・カルプレスは、Twitterで第一回公判における罪状認否の内容をPDFで公開した。
また、Twitterでは以前のイメージとは違う、最近の痩せた顔写真も公開している。

巨額の仮想通貨が瞬時に消えて世界最大の取引所が破綻した経緯が、法廷でどこまで明らかになるか注目される。判決は来年以降に言い渡されるとみられる。

確実に、日本のサイバーポリスを含め、日本の捜査能力に対する挑戦でもある。

2014年12月15日に、2014年の最悪の投資は「Bitcoin」だった!と報告している。
2016年11月03日に、Bitcoine詐欺事件で、Bitcoine価格が4回も連続下落した!
しかし、その後2017年05月25日に33万3.396という最高値を記録した。

問題は、この苦境をBitcoin取引所が乗り越えることができるのか?
さらに、今後もマルク・カルプレスの裁判ごとに、荒波が続くのか?

さらに、大きな問題としてブロックチェーン標準化作業にどう影響されるのか?

実に観覧者としては、悪夢の喜怒哀楽を期待できる。

漫画や小説より面白い!

しかし、このような嵐の先にしか、仮想通貨の未来はないのかもしれない。

実は、2017年06月末にこれまでの流れから、25万を切るかもしれないと考えていた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Google交渉へ立法要請。 | トップ | 台湾繊維大手大魯閣、ショッ... »
最近の画像もっと見る

モバイル・マネー」カテゴリの最新記事