世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

香港のキャセイ航空のボーイング747、香港でラスト飛行。

2016-10-08 23:27:37 | 観光
AFPは2016年10月08日に、香港(Hong Kong)で2016年10月08日に、香港のキキャセイ航空(Cathay Pacific Airways)のボーイング(Boeing)747型機がラストフライトを行い、市内上空を低空飛行し、香港に別れを告げたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/57191

キャセイ航空がボーイング747型機を導入したのは1979年で、CX8747と設定されたボーイング747型機の最後の便は、ビクトリア・ハーバー(Victoria Harbour)や啓徳空港(Kai Tak Airport/旧香港国際空港)跡地の上空を低空で飛行した。

かつて啓徳空港に着陸するのに高層アパート群の上を低空で飛行したスリリングな光景を思い起こさせるものとなった。

密集する高層ビルと山々に囲まれた中を低空で飛行し、着陸する啓徳空港は、1998年に閉港されるまで、着陸が最も難しい空港として知られていた。

九龍の近くを飛ぶ時。ビルが揺れたと聞いたことがある。

キャセイ航空のボーイング747型機の最後の商用飛行は、2016年10月01日の東京・羽田空港(Haneda Airport)発香港行きの便だった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ、もうボロボロ! | トップ | パリのオークションで、ミシ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む