世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

インドのタタとドイツのVW、提携解消の可能性。

2017-07-01 10:33:16 | 経済
アジア経済ニュースNNA ASIAは、インドの自動車大手タタ・モーターズ(Tata Motors)とドイツの自動車大手VW(Volkswagen/フォルクスワーゲン)が、提携を解消する可能性が出てきたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60412

地元各紙は、両社は3月に共通の車台(プラットフォーム)を開発することで合意したが、コスト効率性に疑問が生じているためと伝えた。

VWは、タタが開発を進めるプラットフォーム「AMP(Advanced Module Platform/アドバンスド・モジュール・プラットフォーム)」に100億ルピー(約174億円)を投じる予定だった。

情報筋は一方で、VWと同社傘下のチェコの自動車メーカーであるシュコダ(Skoda/Škoda)で独自開発しても必要投資額は1億4,000万ユーロ(約179億円)と指摘した。シュコダのエンジニアも、同等の投資でVWが開発する基本骨格+構成要素のパッケージ・プラットフォーム「MQB(Modulen Quer Baukasten/The Modular Transverse Matrix platform )」の現地化が可能と主張している。VWは現在、MQBを輸入して国内で組み立てている。

これに対抗して、トヨタの改革「TNGA」がある。

トヨタの追い上げに燃えるVWは、勝負の市場が世界である。

世界市場として、タタ・モーターズは小さ過ぎる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国が、仮想通貨取引で世界... | トップ | タイのフィットネスクラブ市... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事